アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

健康

ダイエット成功の秘訣は「自由の放棄」資本主義社会の罠に陥るな。

投稿日:


誰しも「健康」は、人生の最重要課題となります。

なぜなら、健康は、選択肢の多さに繋がるからです。

年を重ねると、過去に出来たことが、出来なくなってきます。これは恐怖ですよ。今、あなたが若い20代であっても、いずれこの問題にぶち当たります。是非とも、今から学んでおきましょう。

 

■こんな方にオススメ

・健康と聞いてもピンとこない若者

・ダイエットに失敗し続けている

・運動が嫌いだがムキムキに憧れがある

 

過去の僕は、もっと走り回れたし、徹夜でも遊べたし、セッ○スだって一晩に何回もできた。釣りも、山登りも、マラソンも当時は良くやったのです。

しかし、10代後半の時が100だとすると、今では60くらいまで、出来ることが減っているのです。

僕は、35歳で、それに気づきまして、2018年に、13キロのダイエットに成功しました。

もう2年前ですが、今でも、食事・睡眠・運動管理を続けていまして、身長173cm、体重72キロを維持しています。

分かっていますよ。

加齢と共に、選択肢が減るのは、誰しも仕方ないことです。ですけど、僕は、その老化するスピードを、もっと緩やかにしたいのです。アンチエイジングしたいのです。

アンチエイジング(anti-aging

「抗加齢」を意味する。実際の年齢に逆らうことは出来ないため「抗老化」となります。いつまでも若々しい心と体を維持したい、実際の年齢よりも若く見せたい、出来るだけ長生きしたい、という欲望を指す。

本投稿は、健康シリーズの第一弾ですので、まずは「自由の放棄」という、現代社会を生きる心構えを解説していきます。

 

子供に自由を与えるとYouTubeしか観ない

・子供を自由にさせると、どうなるでしょうか?

→1日中、ゲームとYouTubeをしています。

猿と同じ

それが、良いか悪いかは別として、彼らは、自分の好きな方向へ流されるのです。自ら勉強する子などは特殊です。勉強好きって、少数派で、変わった子ですよね(親はそれを望みますが)

では、ここで質問です。

・大人を自由にさせると、どうなるでしょうか?

→好きな食べ物を食べて、好きなお酒を飲む。

以前の室長

強制されない限り、運動不足にもなります。運動好きは別ですが、それは特殊です。誰しも疲れることはしたくない。仕事が忙しい人は、睡眠時間も短くなりがちです。

子供と大人も、結局は、同じなのです。

「自由」を与えられると「惰性」に突き進むのです。大人だからって、偉そうにしないでくださいね。みんな、同じ人間だももの。

 

便利な現代社会

現代社会は、非常にマズイことに「惰性」を後押しするような、モノやコトが揃っているのです。それらは、人間の欲望を、いともカンタンに満たしてくれるのです。

スマホや、タブレット、YouTubeだけではありません。コンビニ、深夜居酒屋など、24時間、何でも好きなものを直ぐに食べられる。

エロ本も必要なく、今では、ネットに無修正動画が溢れています。現代社会とは、自由を謳歌できる、超便利な社会なのです。

そんな社会で、、

・子供が自由を謳歌した結果は?

→本を読めないゲーム好きな子に育ちます。思考能力も落ちるでしょう。

勉強よりゲームが好き

・大人が自由を謳歌した結果は?

→中年太り、不健康体、体力低下など老化が加速度的に進みます。

働き出すと皆んな太る

いやいや、

「子供には好きを大切にさせた方がいい」

「大人も自由に飲み食いした方が幸せ」

という意見もあるのは分かります。

それは、それで良いと思うし、個人の自由ですし、勝手にすれば良いです。僕の主張を、全ての人に共感、理解して欲しいとは思ってません。

自分の人生や生活を少しでも良くしたい、自助努力で良くしたい、という向上心のある方だけに伝わればと思っているのです。言い過ぎてすみません。

 

選択肢とは何を指すのか?

健康に無頓着な人に対して、ひとつだけ断言できるのは、彼らは「選択肢を減らしている」のです。

・子供の場合だと、

将来、弁護士になりたい、医師になりたいと思っても、非常に難しい。

将来の夢は医者です?

ゲーム漬けだと、基礎学力が乏しくなり、職業の選択肢が絞られてしまいます。僕は、そうでした。本が読めない子供でしたので、かなり損してきたと思います。

 

・大人の場合だと、

メタボ健診で引っかかり、高血圧、糖尿病など病気になる確率がグンと上がります。病気になれば、通院、入院、自由が制限され、また、お金も掛かります。選択肢が減っているのです。

健康診断を意識すべき

デブは、家族と買い物に行くと直ぐに座りたくなります。新しいコトにチャレンジすることすら「面倒になる」のです。見た目も悪く、老いてみられます。気合の入ったセッ○スすら出来なくなる。これら不健康から起因する「無駄」を徹底的に排除せねばなりません。

 

この子供と大人の対比が、お分かり頂けますでしょうか?

大人は、子供に勉強しろとは言うくせに、自分は健康管理してなかったりします。

「勉強」と「健康」も同じ分類でして、やればやるほど、人生の選択肢が増えるのです。

 

資本主義の罠とは?

何が言いたいかというと、目の前の「自由」を謳歌してはいけないのです。

世界の多くの企業が、莫大な研究予算を掛けて、人間の欲望を研究し尽くしています。

頭のいい人たちが、魅力的な商品、サービスの開発を今でも続けています。それらを、僕たちは、好き放題、手当たり次第、手に入れようとしてはいけません。

企業は、純粋に利益を求めています。誰も、あなた一人の健康なんて考えていません。例をあげていきますね。

お菓子メーカー

お菓子=砂糖の塊

「チョコレートが好き」と言う人も多いと思います。コンビニで売られているチョコは、残念ながら、チョコレートではないです。

原材料名を見れば一発で分かります。一番最初に「砂糖」と書かれているはずです。材料名は、一番多いものから、順に書かれます。よって、コンビニの板チョコは「砂糖をチョコレート味にした食べ物」なのです。砂糖の塊です。

本物のチョコレートとは、材料名の1番目にカカオマスとか書かれている「甘くない」ものなのです。

お菓子メーカーは、我々を、砂糖依存症にして「また食べたい」と思わせたいだけです。リピーターになると利益になるからです。覚せい剤は法律で禁止されてますが、砂糖依存食品は、禁止されてないのです。ひどい話ですよね。

 

マクドナルド

バーガーは糖質の塊

マクドナルドも、子供の遊具などを店内に置いて、いかに子供の頃からジャンクフード付けにするのか?を真剣に研究しています。

子供の頃に覚えた味は一生忘れないと言われます。だから、オモチャまで付けて、「ハッピーセット」と、価格も安く設定して、子供を釣っています。僕から言わせると「アン・ハッピーセット」ですよ。

安いから、子供が喜ぶから、と、自分の子供に、ハッピーセットばかりを食べさせていると、将来、肥満体質になり、アン・ハッピー(不幸)になりますよね。不幸の入り口が、ハッピーセットって、ほんと、笑うに笑えません。

罠に掛かるな!

僕は、これらを「資本主義の罠」と表現します。

これは原理主義的な考えではありません。田舎が良いとか、昭和初期が良いとか、テクノロジーの進歩を否定したりと、そんなこと言いたいわけではないです。

ある程度の自己規制を掛けて、この「欲望社会」から自分の身を守っていかないといけないのです。その守るべきものの一つが「健康」なのです。

最後に、もう一度、繰り返しますが、

僕が、なぜ、禁酒、糖質制限、運動、睡眠管理を続けているのか?それは「人生の選択肢を減らしたくない」この1点に尽きるのです。

自分を守るのかどうか、その結果どうなるのか、全て自己責任なのです。

See you tomorrow.

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体力と精神力の限界点。恵まれた環境で育ったので、ハングリー精神がないのか?ゆとり世代【後編】

本投稿は、100k走の【後編】となります。まだ、前編、中編を先にご覧くださいませ。 【前編】決意表明 【中編】32kmでバテる? ちょっと、おさらいしますね。 自宅から50キロの地点で行って、折り返し …

100キロ走、生きている実感を得るため、現代社会から距離を置く意味とは?体力の限界からみえる世界観【中編】

本投稿は、100kmマラソン中編となります。まだの方は、先に前編をご覧ください。 【前編】決意表明 ちょっと、背景を、おさらいしますね。 コロナの影響で、タイは、非常事態宣言中です。夜の22時から、朝 …

13キロ減してから、2年間リバウンドしていないたった1つの理由

僕は2018年1月にダイエットを始めて、13キロ痩せました。そして現在2020年3月、リバウンドしていません。 多少の上下あるが72kgをキープ せっかくダイエットしたのに、大半の人はリバウンドすると …

【物申す!!】キンコン西野さんは「会社員が1番やってはいけないのは、小銭を稼げそうなYouTubeチャンネルを立ち上げること」って言うけど…

まず、キンコン西野さんの個人ラジオ(voicy)をお聴きくださいませ。 ↑ここの再生03:30ぐらいから聴いてみてください。 要約しますと、 「個の時代だ」という風潮のなかで、情報発信者が増えた。フリ …

ダイエットは、意志力だけでは続かない。心理学から賢く自分を追い込む2つの方法を教えます。

35歳の僕が、一念発起して、13キロ減を達成した「ダイエット記録」のシリーズ第2弾です。 室長現代社会では、企業の商品開発研究がスゴくて、それらに惑わされてはいけない。ラーメンや、ハンバーガー、ビール …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019