アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します。英語力向上の秘策も有り。

海外ネタ

海外が危なくて日本は安全なのか?現役商社マンが感じる’違和感’を徹底解説します

投稿日:

地震とは、地下で起きる岩盤の「ずれ」により発生する現象です。

日本周辺では、太平洋プレート、フィリピン海プレートが、北米プレートと、ユーラシアプレートの方へ1年あたり数cm の速度で動いています。複数のプレートによって、複雑な力がかかっており、世界でも有数の地震多発地帯となっています。

気象庁’地震発生のしくみ’より引用

大陸プレートが4枚も重なる

よって、日本中どこでも地震が発生する可能性があり、発生時期や規模は誰にも分かりません。

多くの研究者たちが、長年、地震研究しているにもかかわらず、2016年の熊本地震では、気象庁が「経験則から外れた地震」と発表しているぐらいですから、本当に、予測できない・分からない、のでしょう。

 

東南アジアと、日本との危険度比較

僕は、2017年1月29日に、ヤンゴン空港にいました。

僕が、空港に着いて1時間後に、同空港で、ミャンマー国民民主連盟の法律顧問が、何者かに射殺されました(参考記事)

僕は、すでにチェックインを済ませて、イミグレーションに並んでいましたので、何も被害はありませんでした。しかし、もし1時間遅れて空港に着いて、射殺された現場に運悪く出くわしていれば、流れ弾に巻き込まれていた可能性もあります。

そして、このニュースを知った友人から「危なかったね。やっぱりミャンマーは危ないね」というコメントを頂きましたが、僕には、少し違和感がありました。

テロに遭遇する確率は高いのか?

このような、射殺事件や、テロなど発生する確率は、日本より高いのはその通りなのですが、天災も含めた「本人の不可抗力で亡くなるケース」の数字は、果たして日本は低いのでしょうか?

僕たちが「ミャンマーって、危ないんでしょ」という認識以上に、外国人からすると、冒頭の説明通り、日本は大陸プレートが4つもせめぎ合う、地震大国で、非常に危険だ、と思われてます。

 

僕が経験した大地震と、今後発生する確率

不謹慎なのを承知で、あえて、死亡数を数字で振り返ってみたいと思います。

36歳の僕が、過去、経験・記憶している日本の大地震は、下記となります。

  • 1995年1月17日 阪神淡路大震災 6,437人
  • 2004年10月23日 新潟県中越地震 68人
  • 2011年3月11日 東日本大震災  22,000人
  • 2016年4月16日 熊本地震    258人

35年間で、おおよそ、3万人近くの方が、地震で命を落としています。

地震で亡くなる原因は「本人の不可抗力」であり、天災ですので「不幸であった」としか言いようがありません。

35年間で3万人以上もの被害

この3万人という「不可抗力」の死者数と、僕のような海外移住者が、理不尽にも、東南アジアで、テロなどに巻き込まれる過去の数字や、今後の確率を比較すると、圧倒的に、日本のほうが、危ないと思います。

テロ組織に捕まって、、というのは、危険な、中東などの、内戦の最前線で、取材に当たる方だと思います(勇敢だと思います)

日本の地震予想ですが、南海大地震が、30年以内に起こる可能性は70%、東京の直下型地震も30年以内に70%と言われてますので、どちらかが起こる可能性は、90%を余裕で超えます。

 

経験則より地震に備えること

これから、テクノロジーが進歩して「ある程度の地震予測」はできたとしても、自然災害ですので「地震発生を止めること」は、おそらく絶対出来ません。

であれば、僕たちは、どうすれば良いのだろうか?

「経験則より、死亡する確率を下げる」しかありません。

経験則とは、阪神大震災、東日本大震災などで、得た経験です。

地震後の通電被害

例えば、阪神大震災では、通電火災で亡くなった方も多かったのです。通電火災とは、地震が収まって、電気が復旧して起こる災害です。

また東日本震災では、津波ですね。残念ながら「地震が起これば高台に逃げる」ということを、多くの人が知りませんでした。

また、古い家には住まないことです。今、木造住宅はないかもしれませんが、鉄筋でも古いと鉄筋自体の数も少なく、倒壊の確率が上がります。

備えあれば憂いなし

いくら新築でも直下型が真下で起これば、倒壊するのですが、僕が言っているのは、確率論です。大きな地震が起こるたびに、耐震基準は厳しくなり、建物自体が、強固になります。

新しい家の方が、基準も厳しく、壊れにくく、古い家だと基準が低く、経年劣化もあり、倒壊する確率が上がるのです。

 

海外情報のバイアスから脱出

海外で発生するテロ事件だけみて「東南アジアは危険」と、過剰反応してしまうのは間違いです。そんな、ピンポイントのニュースだけを見聞きして、若い人たちが「だから海外には出たくない」と感じるのは、非常に勿体無いです。

それは、メディアから与えられる、イメージであって、バイアス(偏り)が入ってます。

僕だって「日本が安心安全で最高の国だ」と言いたいですよ。しかし、過去の地震などを見ると決して手放しで安心できないのです。

いつどこで大地震が起こるのか分からない

「日本は安全であってほしい」という願望でなく、物事は、数値を用いて、客観的に判断しないとなりません。

所詮は、日本にいても、海外に出ても、どこにでも「理不尽な死に方をする確率」はあります。

このブログを読んでいる方の中には、会社から海外駐在を打診されて、悩まれている人もいるかもしれません。

僕の持論は、人生は一度きり、それだったら思いっ切って、何事も前向きにチャレンジしよう!です。僕の他の投稿にも、実は、そのメッセージが根底にあります。

海外テロニュースにビビっている場合じゃないです。海外に出ると、自分の世界が広がります。人生トータルでみた時に「お得」だと思いますね。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東南アジアで「怠け者」が量産してしまう理由。対極にいるのが、四季のある日本です。

東南アジアは「だらしない人」が多いのです。 それは、気候や食生活が影響していると思うのです。 僕は、海外業務に従事して、10年以上になります。それなりに、色んな国に行って、色んな人と仕事もこなしてきま …

ミャンマーの若者「自己研鑚の放棄」

先日、ミャンマーに住む、ミャンマー人経営者から、興味深い話がきけました。 「スーチーさんが、いくら頑張っても、ミャンマー人が頑張らないと、経済成長はしない」と。 ミャンマーは、2013年より、軍政から …

【本音で語ります】僕の置かれた現状と今後の人生戦略!

僕は、東証一部の専門商社に勤めています。現在、タイ・バンコクに赴任しています。今年36歳で3人児の父親でもあります。 年収は、海外赴任手当など諸々入れると8桁に届くぐらいです。海外駐在員ですので、普通 …

【永久保存版】商社マンが教える5つのビジネス英語術

海外で働くことになると、まず困るのが「言葉の壁」です。 プライベート旅行であれば、いい加減な英語でもいいのですが、仕事であれば、業務上の指示には、ミスが有ってはいけません。 僕は「大学は出たけど、英語 …

現役商社マンが見た「グローバル社会の現実」これから僕たちはどう働くべきなのか?【海外ネタ012】

海外商社で働いていると、色んな国の見積を目にします。見積とはビジネス上の請求書です。 商社マンは、皆、営業マンですから、どれだけ見積もりを作って、その中の、何件の仕事を成約できるかが勝負です。 よって …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 よろしくお願いいたします。 ▼Twitter https://twitter.com/SHITSUCHO2019 ▼YouTube https://www.youtube.com/channel/UC1FUGS_exqCkwfewuyxxN-A ▼VALU https://valu.is/liang