アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

おもんない奴が、一気飲みを始めるんです。

投稿日:

会話もせずにただ「飲め飲め」というのは、人への興味というより、女性の容姿にしか興味がないと思うんだよね。女性にも「人」として興味を持って会話するほうが、酒は楽しいんじゃないか、という気がするね(記事抜粋)

↑超同感です。DMM亀山会長、ほんと良いこと言いますよね。

僕は、過去、一気飲みを強要されたことは、山の数ほどありますが、自分から他人に強要したことは、一切ないです。

皆さんも、よーく、思い出してみてください。

一気飲みを始める人は、つまらない人なんです。関西弁でいうと「おもんない奴」なのです。

 

面白い話はどこかにある

どんなメンツでも、どんな雰囲気でも、酒の場での「面白い話」は、どこかに、あるはずです。

仕事の堅い人だけだったら「仕事ネタの面白い話」を、男友人だけであれば「下ネタの面白い話」を、女性も同席してれば「紳士的な面白い話」などです。

一気飲みはダメ

それら、なーんにも、面白い話が出来ない人が、その場をシラけさせないために(時間稼ぎのため)に、一気飲みを始めるのです。

僕は大阪出身で、それなりの笑いの激戦区を生き抜いてきました。

大学祭の時、一人芸をして、ガレッジセールのゴリさんから「君は面白い」と表彰されて、ガレッジセール特別賞を貰ったのは、一生の勲章です。これガチ自慢話ですw

 

「笑い」の英才教育中

うちには、10歳、8歳、5歳の3人の子供がいます。僕と妻は、どちらも大阪出身です。しかし、子供たちは、タイのバンコクで育ちでして、「笑い」を求められない環境にいます。

面白い話ができない子供に育つのでは?と心配していまして、夕食後に、コント大会をしたりしています。

子供にコントを強制

「今日あったこと」から、各自が面白いネタを披露するのです。

もちろん、父親である僕が、手本を見せて、子供達にも考えさせるのです。ここでは、人前で話す訓練だけでなく「笑わせる」ことを学ばせています。

5歳の息子の即興コントでも、それなりに笑えたりします。笑えなかったら、どうやったら面白くなるかもアドバイスしてあげます。

そこで、滑っても良いし、それはそれで、家族間で、「面白くない」と、笑えあったら、幸せな気分になりますよね。

 

結論:一気飲みに逃げるな

冒頭の話に戻ります。一気飲みに逃げているようでは、ダメなんです。それは、おもんない奴の典型的な行動です。

関西で「おもんない奴」ってのは、いくらイケメンでも、勉強や運動できても、最下層になりますからね。

See you tomorrow.

-よもやま話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【雑学】国旗から世界を見る ※追記有り

小学2年の長女が、国旗や世界地図に、興味を持ってきたので、本を買い与えました。しかし、彼女の質問に、僕はタジタジなのです(笑) 目次1 娘の素朴で且つ難解な質問2 変化する国旗も…3 【追記】もっとあ …

「若さへの憧れ」は捨てるべきなのか?

「若さへの憧れ」って、誰しもあると思う。 男女関わらず、若い異性を好みますし、自分より若い友達に囲まれてた方が、何となく良いでしょう。 結婚するなら若い子が良いよね? そして、オッサン、オバハンに囲ま …

星占いが好きな人は、自動車産業を見習ったほうが良い。オカルトを排除して、もっと合理的に生きよう。

テレビの星占いを見るをやめましょう。 何故なら、そこで「差」がついてくるからです。 これだけ、科学が進歩した現代ですら、世の中、おかしな事だらけです。自動車産業に深く関わってきた室長が、仕事で学んだこ …

箸の持ち方が悪いとマナー違反なのか?損得勘定が先行すべき理由

先生から「箸の持ち方が悪いと、お嫁に行けないよ」と、小学1年の娘が注意され、母親が怒って、Twitterで発信したところ、拡散されて、賛否評論、話題になってます。 箸の持ち方はマナーの問題なのか? 「 …

「コロナ観」は表に出してはいけない

コロナに対する態度は、ものすごく個人差がでます。ここまでくると、ビジネスするうえでも、相手の「コロナ観」を意識せざる得ません。 相手のコロナ観は? よく、プロ野球や政治の話は、避けた方が無難と言われま …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019