アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

僕は絶対にPCR検査を受けないです。仕事や趣味を大切にしたいから。

投稿日:

僕は1つ決めてることがあります

「絶対にPCR検査を受けない」です。

もし、高熱にうなされて、体調が相当悪くなって、病院に行って、医師に勧められて、PCR検査を受けるのはあるかと思います。

それ以外では絶対に受けないです。そう決めてます。

なぜなら、自分や家族の行動制限を受けたくないからです。

知らぬが仏を突き通す

知らないうちに感染させられてて、無症状だったら、ラッキーじゃないですか。本人も、免疫が付きますしね。

僕のコロナ観は、

室長
室長
コロナなんてインフルエンザと同じ。高齢者や疾患者だけ自粛したらいいだけ。集団免疫を目指そうよ。

【参考】「コロナ観」は表に出してはいけない

しかし、そうなると、問題は、知らず知らずのうちに他人に感染させてしまうかも?ですよね?

もう、ここまでくると「知らず知らず」の状態が、ベストなんです。

もし、真実(自分が感染してる)を知ってしまうと、自分も家族も、それなりの責任を問われるでしょう。隔離や自粛、外出禁止とか。

だったら、ずっと「知らない」方がいいんです。「知らぬが仏」を突き通すのです。

知らぬが仏

「自分は感染していると思ってなかった」という「善意の第三者」のポジションをとるのです。

検査さえ受けなければ、いくらでも、このポジションはとれるのです。

※善意の第三者とは、法律用語で「特定の事情を知らない第三者」のこと。

 

ワクチン接種するまで我慢

ワクチンが、出回ってくれば、すぐに打ちに行くつもりです。それまでの辛抱なんです。

ワクチン待ちです

ワクチン接種まで、どんなことがあっても、検査を受けないんです。おそらく、あと半年ぐらいの辛抱でしょう(現在2021年1月)

「無症状の人は、検査を受けない」

実は、これが、毎日報道されている「感染者数」を抑える最も有効な方法なんですね。集団免疫を目指すのであれば、その検査は、本当に意味のないことなのです。

結局、無症状の人が多いんでしょ?

東京では、3,000円で手軽に検査を受けれるようです。

何の症状も出てないのに、自ら検査に行く人って、仕事休みたい(サボりたい)からなんじゃないですか?

それ、飛んで火に入る夏の虫じゃないですか。

僕は、非常に真面目なタイプでして、毎日働き続けたいし、サッカーもしたいので、絶対に検査は受けないんですw

See you tomorrow.

-よもやま話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大会当日に「真面目バカ」を思い知った。初トライアスロンを考える②

前回読んでない方は、こちらを先にどうぞ。 初トライアスロン大会。当日朝も気持ちはノリませんでした。 理由は、浮きを着ける罪悪感からです。 溺れるのが怖くて、腰に浮き輪を着けることに決めたのです。 別に …

【永遠のテーマ】何のために働くべきなのか?現役商社マンが真剣に考えます。

【究極の質問】 何のために働くべきなのか? 僕は、この問いを、社会人になってから、12年近く考え続けてきました。一つの答えや真理が無いのは分かります。答えは、人それぞれでしょう。家族のため、自己実現の …

カルロス・ゴーンの日本脱出、人質司法など、ホリエモンが理解を示すのも分かる。取り調べ室での不合理な実体験を語るよ

ゴーンさん海外逃亡について、堀江貴文さんが動画をいくつもあげています。 どこか、嬉しいそうに見えたのは、僕だけでしょうか? 僕は、すかさず、下記ツイートしたところ、堀江さんからリツイートされました。 …

中学受験を通して、娘に伝えたい社会の現実。

10歳の娘から 娘中学受験ってなに? と質問されました。 クラスに、勉強できる子がいて、その子が中学受験するのだとか。 中学は2種類ある。 室長 中学には、テストを受けて良い成績でないと入れない私立中 …

子供に宗教を教えて良い?海外子育ての悩み。現実主義者の僕が、非科学的思考をぶった斬る

非科学的なことを子供に吹き込んでいいはずない。 なぜなら、彼女たちには、判断力がないからです。 そして、もっと恐ろしいのが、大人になっても、 子供の時の刷り込みが、影響し続けているかもしれないって話で …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019