アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

健康

元デブが語ります。デブである利点が一切ない。デブによる損失は想像以上です。

投稿日:

結論から申し上げますと「デブで得することは何も無い」です。

元デブである僕が、デブによる損失を熱く語ります(1年で13キロ減)

左:85kg 右:72kg

何故なら、この「デブによる損失」を正確に理解することが、ダイエットに対する強いモチベーションになるからです。皆さんも、今一度、デブについて語りましょう。

■こんな方にオススメ

・デブでもいいやと開き直ってる

・遺伝的にデブであると言い訳している

・ダイエットしたい(デブ脱却したい)

あえてデブのメリットをあげると、グルメ番組に出演して「まいう~」と、満面の笑みでコメントするぐらいでしょう。それ以外のデブのメリットが見当たりません。

重宝されるのグルメ番組だけ?

無人島で、生き残るのもデブじゃないですよ。動きが鈍いので、獲物を捕らえられなくて、先に野垂れ死ぬと思います。力士も、あれはデブでなく、内側は鍛えあげられた筋肉ですからね。デブのメリットって、あります?

 

デブという悪循環

デブは悪

デブは、生活の全てが、悪循環に陥っています。しかも、デブはこれに気付いていないのです。僕は痩せてから、気付かされたのです。

①体重が増える

②身体が重く動くのが億劫になる

③動く量が減るとカロリー消費も下がる

④カロリー消費されないので体重が増える

→以降①に戻る

この繰り返しなんです。

部屋に小さなゴミが散らかってても、デブにとっては、それらを拾い集める行為すら、億劫なんです。お腹に脂肪があるので、前かがみになるのが辛いんです。体重があるので、立ち上がることが、面倒になってきます。

何から何まで面倒になる

「ゴミを拾って部屋を綺麗に保つ」

「前かがみになり辛い姿勢をしたくない」

↑この2つの選択を迫られた時に、デブは、後者を選ぶのです。

デブの判断とは、総じて、自分のカロリー消費の低い方 低い方へと自然に傾いてしまうわけです。

僕なんて、足の爪を切るのも、お腹が邪魔するので、切るのが、億劫になりましたよ。ここまでくるとマジで最悪ですよね。

そして、ゴミを自分が取りにいくのでなく、ソファの上から、子供にやらせてました。

子供に任せてた・・

「子供ができることは頼むべき。効率的だ」と、その判断すら合理化していたのです。ヒドイ親ですよね。それが、デブの言い訳とも気付かないのです。

しかし、このデブの悪循環は、痩せることで、逆に好循環に変えることが出来るのです。

 

標準体型は好循環

標準体重が良い

痩せてきて、何が変わってきたかと言うと、

①体重が軽くなる

②軽いので動くのが楽チン

③よく動き回るようになる

④よく動くのでカロリー消費される

⑤カロリー消費されて痩せる

→以降①に戻る

当たり前ですが、身体が軽いので、立ち上がる行為の負荷が下がります。そうすると、立ち上がる回数が自然と増えます。動けば動くほどカロリー消費されるのです。まさしく好循環ですよね。

高校物理のおさらい(静止摩擦力)

ちょっと高校物理のおさらいをさせてくださいね。

物体が動き出す前と、動き出した後では、摩擦力の大きさきさが違います。

最大静止摩擦力 > 動摩擦力

日常生活でも経験があると思いますが、なかなか動かないと思えた物体も、いざ動き始めると少し軽くなったように感じます。

動き出す前の摩擦力が、最大になります(=静止摩擦力)

動き出すと、摩擦力が下がります(=動摩擦力)

デブは、この静止摩擦力が、最大化されているのです。動き出すまでに、かなりエネルギーをかけないと、動き出さないのです。

それは、立ち上がるとか、立ち上がらないかのような、単純な動作だけではありません。何かにチャレンジするのも億劫になるのです。僕は、完全にその状態でした。今思い返すと、仕事もプライベートも、動かない方向への選択ばかりしていました。疲れるような動きは避けていたのです。

 

痩せて好循環になると何が起こるのか?

僕は、ダイエット2ヶ月目で、5キロ落ちたのを機に、サッカーを始めました。

実に15年振りです。今でも、週2回で、続けています。この始められた動機が「身体が軽くなった」からなんです。好循環の典型例ですね。痩せるために始めたのですが、チームメイトとの仕事以外の繋がりも増えました。

その後、みるみる痩せていきまして、13キロ落とし、マラソンも再開し、トライアスロンにも初参加しました(完走)

新しいことにチャレンジ

デブの頃には、信じられなかったことです。サッカー、マラソン、トライアスロンと、35歳過ぎてから、次々と、チャレンジを続けています。初動の鈍い、静止摩擦力(デブ)が、今まで、僕の選択肢を狭ベていたのです。

こんな簡単な法則にすら、デブの頃は、気付いてませんでした。気付いてなかったのではなく、自分がデブなので「気付かないふりをしたいた」というのが正確かもしれません。

 

仕事もプライベートも充実

仕事にも現れてきまして、まず、フットワークが軽くなり、お客さんの訪問回数も増えました。初見の方に、プレゼンするときも、なんとなく自信が、前面に出るようにもなりました。

自信を前面に出す

デブが汗をかきながらプレゼンするのと、少し筋肉質で、胸板が厚く、トライアスロンやってるよって人とでは、話す内容が同じでも、与える印象が変わってくるのです。

夜道を歩いていても、デブの頃とは違います。何かあっても、走って逃げれますし、一戦交えても、そこそこ戦える気もします(戦いませんが、いざとなったらです)

自分で自分を守るだけの力はある

ユニクロの無地のシャツを着て(Sサイズで胸板強調させる)も、そこそこ見栄えが良いのです。デブがブランド物を着るのよりも断然良いです。痩せていく過程で「見た目が若くなった」と、何度言われたことか。嬉しくないことないですよ。

女性
女性
室長さん、見た目若くなりました♡

そして、生きていく上で、何よりも大切な、チャレンジ精神を取り戻したのです。「35歳の俺だって、何でも出来る」と、心底思えました。

このYouTubeも痩せてから始めてますから、もしデブだったら、夜中、パソコンに向かう気すら起きなかったと思います。これもダイエットの効果だと言えます。

 

まとめ

  1. デブのメリットは1つもない(あったらコメント欲しい)
  2. デブは、静止摩擦力が大きくフットワークが悪い
  3. 痩せると自然と選択肢が増える
  4. 仕事・プライベートも好転する

こうやって、僕はリバウンドをしないように、デブのデメリットを、自分自身に何度も何度も言い聞かせているのです。この変化を絶対に忘れたくないのです。

さぁ、皆さんも、ダイエットしましょう!

いつやるか? 今でしょ!
室長
室長

See you tomorrow.

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ちりも積もれば痩せられる作戦」で僕は痩せられた。デブの思考回路も徹底分析。

僕は、2年前に、13キロダイエットに成功しました。今も標準体型を維持してます。 糖質制限や筋トレなどもしましたが、日々の行動を工夫したことも、成功の要因だったと思います。 今回は「お金を掛けずに痩せる …

大会当日に「真面目バカ」を思い知った。初トライアスロンを考える②

前回読んでない方は、こちらを先にどうぞ。 初トライアスロン大会。当日朝も気持ちはノリませんでした。 理由は、浮きを着ける罪悪感からです。 溺れるのが怖くて、腰に浮き輪を着けることに決めたのです。 別に …

退路を断つと底力が発揮される論。初トライアスロンを考える③

人生初めてのトライアスロンに挑戦した記録です。まだ前回お読みで無い方は、こちらからどうぞ(①、②) 僕はスイムが苦手です。プールでの練習でも、500mを泳ぎ切れませんでした(浮き無し) しかし、本番で …

ハーフマラソン2時間切れました。「上位20%」を目指す生き方。

2020年12月13日、バンコクハーフマラソンで、1時間58分のタイムでした。 2時間以内で走れたのは、学生の時振りです。 37歳での2時間切り 上位20%仲間入りですね。 これからは「市民ランナーで …

体力と精神力の限界点。恵まれた環境で育ったので、ハングリー精神がないのか?ゆとり世代【後編】

本投稿は、100k走の【後編】となります。まだ、前編、中編を先にご覧くださいませ。 【前編】決意表明 【中編】32kmでバテる? ちょっと、おさらいしますね。 自宅から50キロの地点で行って、折り返し …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019