アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

健康

室長のイチ押し【睡眠ファースト】という生活スタイル

投稿日:

【睡眠ファースト】

数年前に、出会った良い言葉です。

当時、トランプ大統領が「アメリカファースト」と叫んでたので、それをもじったのでしょう。

トランプ大統領

睡眠を最優先にする考えですね。

ボクの毎晩の目標は「途中で起きることなく8時間睡眠」です。

帰宅すると、まずは、その日、寝る時間を意識して、逆算して、やることやるのです。仕事と同じですよね。

スマホをナイトモードにする、風呂に浸かる、21時になると部屋を暗くしていく、聴く音楽も眠りやすいもの、、とね。

睡眠の妨げを排除

翌朝スマートウォッチで、睡眠スコアを確認します。

スコアが低いと、何が悪かったのか、とPDCAを回し改善します。これも仕事と同じ考えです。

夜サッカー練習後は、身体が興奮して寝付けないため、睡眠導入剤を飲んだりもします。

そこまで、睡眠の質と量に、こだわってます。それだけ睡眠には価値があるんです。

 

睡眠に悩みを持つ人が多い

社会人の7割以上は、自身の睡眠に何かしら悩みを持っているようです。

寝れないとか、逆もあって昼食後に眠くなるとか。寝ても疲れが取れない、酒飲まないと寝れないとか。

メンタルがやられて休職する人たちは、みな「寝れない」から始まるのです。

疲れているのに寝れない…

睡眠が不安定になると、メンタルもやられてきます。

日本人は、特に睡眠時間が短く平均6時間台です。フランス人は8時間近い。

日本人は、仕事を頑張りすぎる、真面目すぎる、という反動が、自分の睡眠時間を削ることに繋がってしまっているように思えます。

外国人と談笑する時に、よく睡眠時間を聞いたりします。驚くほど、ヨーロピアンはよく寝てますし、アジア人は短いです。

(朝日新聞 2022年11月2日)

日本代表GK権田修一さんは、なんと10時間だそうです。うちの小学4年の娘と同じですw

夜にしっかり寝ることも大事です。午後9時以降のミーティングや会議は入れないようにし、10時間近くは睡眠をとることを意識しています(記事抜粋)

世のアスリートは、皆んな睡眠こだわってます。それだけ睡眠は、日中のパフォーマンスに影響するってことですね。

ここまで書いて思い出したのが、過去に、もっと詳しくまとめて、ブログ&動画にしていました↓

【やってみた】睡眠5時間→8時間にして得たもの失ったもの。半年間の結果を報告します。

皆さん、昨晩はよく寝れていますか?

See you tomorrow.

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

自粛を吹っ飛ばせ!単独100kmウルトラマラソン決行!18時間で何キロ痩せれるのか?【前編】

自粛自粛と、つまらない、この生活に、ストレートパンチを浴びせるべく、タイのバンコクで、ひとり100kmマラソンを決行します。 もともと、5月10日に、ホアヒンフルマラソンを予定していたのですが、コロナ …

「ゴルフは年とっても出来るから良いよ」という言葉に騙されるな

ゴルフは年取っても出来るから良いよ と、言う人が多いです。 僕も、上司から言われて、一時期、嫌々ゴルフを頑張ってた時もあります。 でも、よーく、考えると、 年をとってからも出来るのであれば、今やる必要 …

「ちりも積もれば痩せられる作戦」で僕は痩せられた。デブの思考回路も徹底分析。

僕は、2年前に、13キロダイエットに成功しました。今も標準体型を維持してます。 糖質制限や筋トレなどもしましたが、日々の行動を工夫したことも、成功の要因だったと思います。 今回は「お金を掛けずに痩せる …

大会当日に「真面目バカ」を思い知った。初トライアスロンを考える②

前回読んでない方は、こちらを先にどうぞ。 初トライアスロン大会。当日朝も気持ちはノリませんでした。 理由は、浮きを着ける罪悪感からです。 溺れるのが怖くて、腰に浮き輪を着けることに決めたのです。 別に …

元デブが語ります。デブである利点が一切ない。デブによる損失は想像以上です。

結論から申し上げますと「デブで得することは何も無い」です。 元デブである僕が、デブによる損失を熱く語ります(1年で13キロ減) 左:85kg 右:72kg 何故なら、この「デブによる損失」を正確に理解 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019