アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

健康 海外ネタ

今の自分は、過去の自分の選択の積み上げ。初トライアスロンを考える①

投稿日:

2019年11月24日

タイのプーケットで開かれたトライアスロンに初参加しました。水泳1.8km、自転車50km、マラソン12kmです。

完走するにはしました…

といっても、僕の気持ちは晴れていません。悩みに悩んで、大会規約に反して「浮き」を使って1.8kmを泳いだからです。

本当に怖かった

前日、会場入りして、海を見た時に、怖くなりました。

沖から550mの地点にブイがポツンと浮いていて「明日、あそこまで泳ぐのか…」と震えました。

深くて、足のとどかない「危ない方向」に、自ら向かって泳いでいくわけです。

前日の下見

しかも、誰かに強制されたわけでなく、会社の業務命令でもなく、自腹を切って、自分で参加の意思を決断したんです。何が起こっても全て自己責任です。

日本ならまだしも、海外の大会で、溺れたときに、大会スタッフが、ちゃんと助けてくれるのかも不安要素です。

人って、年を重ねるごとに保守的になります。「これをすると、問題が起こるかもしれない」と、体が動くより先に「頭で考える」からです。

利口になって、その分、守りに入るんですよね。

成人してから、こんな恐怖感、味わったことありませんでした。

大会前日に「命には替えられない」ということで「浮き」を着けることを決意しました。

子供用の浮きを

海水パンツの中に入れます

 

「浮き」を装着する悩み

「浮き」を付けることを決めてからも、別の悩みが生まれました。

僕は、姑息で卑怯なことをしているのか?という自己嫌悪です。

前日には、他のアスリート達が続々と集まっていました。皆んなムキムキで、日々、厳しいトレーニングをしているのは、彼らの体型から想像がつきました。

左:室長

彼らと比べて、僕なんて、上半身も下半身も貧弱です。この半年、自分なりにはトレーニングをしてきましたが「限界まで、追い込んでいたか?」と言われるとNOです。

食事制限と、毎晩、1時間だけ、泳いだり、走ったりしてただけです。筋トレは、ほぼしてません。

室長
室長
僕は努力をしてないうえに、大会で不正をしようとしている

↑これが辛かったのです…

半年前にタイムスリップして「トレーニングのやり方を変えてれば、浮きを着けなくても良かったのでは?」と後悔しました。

ドラえもんのタイムマシーンが欲しいとか、ドラゴンボールの【精神と時の部屋】に入りたいとか、大会前日の夜、真剣に考えてました。

結局、何を言い訳しても、今の体型は「僕の結果」なのです。

 

いつも偉そうな室長だが…

・俺はこんなもんじゃない

・俺はやればできる。本気出してないだけ

・環境が悪いから実力発揮できてない

・上司が合わないから

・子供がいるから

今の自分が出来ないのは、自分の責任ではなく、他人や環境が問題である、という考え、コレは僕が最も嫌う「言い訳」です。

何故なら、今の状態というのは、過去の自分の選択の積み上げでしかないからです。

・デブは暴飲暴食をしていたから。

・低学歴なのは勉強しなかったから。

・独身なのはチャンスをものにできないから。

ぜーんぶ、過去の自分の責任です。

要は、「浮き」を使う不正も、全ては、僕の「段取り不足」「努力不足」「練習不足」の結果だったのです。

この事実と向かい合うのが、辛くて辛くて…(続く)

See you tomorrow.

-健康, 海外ネタ
-

執筆者:


  1. […] ンに挑戦した記録です。まだ前回お読みで無い方は、こちらからどうぞ(①、②) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高給リーマンになりたければ「海外駐在員」を目指せ!現役商社マンの給与明細を全てオープンにします

サラリーマンとして高給を目指すのであれば、フルコミッションの不動産営業、投資銀行、外資系などが、頭に浮かぶかもしれません。 しかし、どれも、高度な能力やセンスを求められます。ストレスも半端ないと聞きま …

ミャンマーの若者「自己研鑚の放棄」

先日、ミャンマーに住む、ミャンマー人経営者から、興味深い話がきけました。 「スーチーさんが、いくら頑張っても、ミャンマー人が頑張らないと、経済成長はしない」と。 ミャンマーは、2013年より、軍政から …

【対談】オーストラリア現役留学生 (前編) 留学費用ぶっちゃけいくら?

室長特別対談ということで、僕の大学の後輩とskypeで繋がっています。聞こえますか?聞こえます。 留学生 室長簡単な自己紹介だけお願いできますか?21歳の大学生で今は地方国立大学に通っております。今オ …

20代ならこれ絶対やっとけ!36歳商社マンが振り返る優先順位

もし、あなたが、20代であれば、パスポートを取得して、海外に出てください。大学生なら学生証も忘れずに。 なぜならば、 今しか時間がないし、今しかその特権がないからです。 少し先輩である僕の経験をもとに …

現役商社マンが見た「グローバル社会の現実」これから僕たちはどう働くべきなのか?【海外ネタ012】

海外商社で働いていると、色んな国の見積を目にします。見積とはビジネス上の請求書です。 商社マンは、皆、営業マンですから、どれだけ見積もりを作って、その中の、何件の仕事を成約できるかが勝負です。 よって …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019