アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

健康

後編

投稿日:2020年5月23日 更新日:

本投稿は、100k走の【後編】となります。まだ、前編、中編を先にご覧くださいませ。

【前編】決意表明

【中編】32kmでバテる?

ちょっと、おさらいしますね。

自宅から50キロの地点で行って、折り返してくる計画です。タイは、外出規制がかかっており、夜の22時までに必ず戻らないといけない。しかし、32キロ地点で、足に水ぶくれができて、膝にも痛みを抱えることに、、

 

灼熱の体感温度42度!

とにかく暑いんです。

スマホで確認すると、気温34度/体感温度42度と表示されてました。

心の中では「この体感温度は、普通に外に出てる人が感じる温度やろ。直射日光が照りつける、アスファルトの上を歩いている人の体感温度は50度はいってるわ」と。

銭湯にある一般的なサウナは80度ぐらいです。そこまではいかないですが、白い蒸気でモクモクしてるスチームサウナは、40-60度といわれてますので、ちょうど同じぐらいです。

そのスチームサウナで、座るだけじゃないですからね。その中で、歩行運動です。おそらく普通の人は、30分も持たないと思います。

ここから、あまり動画撮る余裕すらなく、ひたすら歩き続けます。

 

独り語りの難しさ

今回、初めて、自分語り・独り語りしてみたんですけど、面白くないです。↑この動画も、アップするのか、ゴミ箱に入れるか、悩んだぐらいです。

編集してて気付いたのは「民放番組って、すごいなぁ」と。感動すら覚えました。

皆さんも、深夜テレビ、バラエティー番組、YouTubeをみてても、若手芸人やらがスベってたら「こいつら、おもんねー」と思う時あるでしょ。僕はよくあります。

それは「みてる側」だからです。「つくる側」に、まわってみると、これらの難易度の高さに気付くわけです。

顔の見えない人に、コンテンツを通して、どう楽しんでもらえば良いのか?と考えるのですが、これが、むちゃくちゃ難しいですよ。

ジュースもガブ飲みしてました

今回、企画、演出、撮影、編集、告知、公開、全て、僕ひとりで行ってます。

いつもとテイストを変えて、エンタメ要素を入れつつ、その間に、僕の世界観も入れようと、企画したわけです。

演出は自分、ひとり語りです。撮影も自撮り。動画編集も自分。Twitterでの告知も個人アカウント。公開はYouTube、ってな感じです。「ひとりテレビ局」ですよね。

この経験を通じて、メディアの見方が少し変わったんですね。「つくる側」視点が、加えられたのです。どんな番組をみても、字幕の付け方、音楽の入れ方、画面の切り替えタイミング、だとかですね。

「スゲー、次は、そうくるかー」って、作り手の工夫が分かったりします。これはこれで、収穫だったかと思います。

 

折り返し地点

話が逸れたので、戻します。

「18時間100km」が目標でしたので、折り返し地点では「9時間50km」が、一つの条件でしたが、47kmしか進めませんでした。このまま、突き進むと、戻ってこれないので、自宅へ折り返すことにしました。

この時点で、すでに100kmは達成できないと悟っていました。なぜなら、体力の消耗で、ペースは時間とともに落ちていくわけで、前半で達成できずに、後半巻き返せるはずないからです。

「暑い」しかコメントがない

55キロ地点ですが、変わらず灼熱の中を歩き続けています。

左足が「靴づれ」してしまって、それを庇って歩くので、次は右足が痛んでくる、という悪循環です。22時までに帰るぞー!と、口では言ってますが、本音は違います。

2時間歩きっぱなし

16時ですけど、まだ日差しがきついですね。

途中で、何度か、動画撮ろうとも思ったのですが「ポケットからスマホを出して、独り語りする」ためのエネルギーですら、勿体無いと思ってしまってました。

そうして、気付けば2時間歩きっぱなしでした。

お昼ご飯も食べるにも「お店に入る→レジに並ぶ→ご飯を買う→食べる」というのも、面倒になっていたのだと思う。

そろそろ極限状態に、近づきつつありますね。

 

セブンで休みを取ったが…

食欲があるわけでもないですが、何か口に入れないと、いやエネルギーを取らないと危ないと思い、やっと見つけた、セブンへ駆け込みました。

靴下まで脱ぐのですが、脱ぐのも大変なんですね。身体がうまく前かがみにならないし、靴下を引っ張るときも握力を使います。そんなエネルギーすら、十分に残っていませんでした。

そして脱いでる時に「これ、また履き直すのにエネルギー使うがな。勿体無いな」と、休憩のことは頭になくて、次の出発する時のことを心配していました。

とにかく炭水化物を流し込む

そして、セブンにも素足のまま入ってました。こんなの人生で初めてでしたよ。

甘いものが欲しくなる

15分ほど休憩をとって、また出発するのですが、足が重くなっていました。休憩すると、次に歩くのが、キツくなったのです。

 

自転車操業

右足を出して、キツイと思いつつ、、せっかく右足が出たのだから、次は、左足を出してやろうか、、あっ、左足まで出たんだったら、次は、もう1回だけ右足を出そう、、そんな精神状態、いや、自転車操業状態ですね。

どっちかの足が止まると、そのままリタイヤしてしまうことが、分かりました。

「だったら、絶対に、止まれない」

と、根性をふりしぼり、ここから30分近く自転車操業でも、粘るのですが、ついに限界が訪れます、、

 

 

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

13キロ減の僕が語るよ。それじゃ絶対に痩せれない。3つのダイエット大間違い。厳選オススメ書籍も紹介。

半年で、13キロダイエットに成功した室長です。 今では、色んなダイエット情報が巷に溢れています。極端なものから、そうでないものまで。「糖質制限が良い・悪い」と、正反対のことも言ってたりします。 まさに …

ダイエット成功の秘訣は「自由の放棄」資本主義社会の罠に陥るな。

誰しも「健康」は、人生の最重要課題となります。 なぜなら、健康は、選択肢の多さに繋がるからです。 年を重ねると、過去に出来たことが、出来なくなってきます。これは恐怖ですよ。今、あなたが若い20代であっ …

元デブが語ります。デブである利点が一切ない。デブによる損失は想像以上です。

結論から申し上げますと「デブで得することは何も無い」です。 元デブである僕が、デブによる損失を熱く語ります(1年で13キロ減) 左:85kg 右:72kg 何故なら、この「デブによる損失」を正確に理解 …

「ちりも積もれば痩せられる作戦」で僕は痩せられた。デブの思考回路も徹底分析。

僕は、2年前に、13キロダイエットに成功しました。今も標準体型を維持してます。 糖質制限や筋トレなどもしましたが、日々の行動を工夫したことも、成功の要因だったと思います。 今回は「お金を掛けずに痩せる …

自粛を吹っ飛ばせ!単独100kmウルトラマラソン決行!18時間で何キロ痩せれるのか?【前編】

自粛自粛と、つまらない、この生活に、ストレートパンチを浴びせるべく、タイのバンコクで、ひとり100kmマラソンを決行します。 もともと、5月10日に、ホアヒンフルマラソンを予定していたのですが、コロナ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019