アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します。英語力向上の秘策も有り。

海外ネタ

知って絶対損しない。海外タクシー利用5つのポイント。これだけ抑えれば快適です。海外在住の僕が保証します。

投稿日:

海外でタクシーに乗る時には、5つのポイントがあります。これを、知っているか、知っていないかで、あなたの安全率が変わってきます。

タクシーは、低所得者の仕事

「タクシー運転手は、移民のする最初の仕事」と呼ばれるぐらい、ステータスが低い職種なのです。

よって、海外タクシーは、日本のように「安全な乗り物」ではありません。そこは、肝に命じておきましょう。

僕は、海外在住者であり、数々の国に行っては、現地タクシーを利用してきました。それらの経験値を、皆さまにもシェアできればと思います。

 

⒈停車しているタクシーはダメ

必ず、走っているタクシーを、自分で手を挙げて捕まえましょう。それだけで悪いドライバーに会う確率がグンと下がります。

流れているタクシーを拾いましょう

外国人が集まりそうな場所で、停車しているタクシーは、絶対ダメです。メータが無い白タクだったり、外国人を狙ったボッタクリの可能性が高いのです。

空港出口付近で、運ちゃんが「タクシーヤスイヨ」とか、向こうから声を掛けてくるのもダメですよ。

声を掛けてくるタクシーは避けましょう

詐欺師も相手から寄ってきますよね。それと同じです。タクシーは、自分から選ぶようにしましょう。

 

⒉値引き交渉は最低限に

タクシーメータが付いていても、深夜だったりすると、運ちゃんがメータを回さない時もあります。理由は、メータを回すと会社にお金を払わないといけませんが、回さないと、そのまま自分のポケットに入れられるからです。

「Taxi mater please」と言っても、回してくれないと、サラッと降りるか、相手の言い値を飲んであげましょう。

僕は、若い頃、中国でメータを回すか回さないかで喧嘩になり「降りる!」と言っても、運ちゃんが、車を急発進させたのです。

無理な価格交渉はやめましょう

走っているタクシーから、ドアを開けて僕は転げるように、飛び降りたんですね。肩を強打しました。

そこまでは良かったんですが、なんとこのタクシーは引き返して来て、僕を轢こうとしてきたのです。

深夜ですし、人も影もなく、本当に怖かったです。歩道に入って、全速力で逃げましたよ。それ以降、僕は運ちゃんとは、あまり価格交渉しなくなりまた。

数百円のことですし、そんなお金をケチって、海外で殺されるとかシャレにならないでしょう。その数百円は、その国に寄付したと思うよにしましょう。

 

⒊礼儀正しく

絶対に運ちゃんを怒らせてはいけません。何をされるか分からないからです。

たまに相手が日本語通じないからと、日本語で「馬鹿だこいつ」など、平気で言う人いますが、これ非常に危ないです。

運ちゃんと言い争うのは絶対にNG

日本語が分からなくても、その言動を発する時の顔つきとか動作で、現地の人って、だいたい察しが付くんですよ。

目的地に着いたと思って降りると、タクシー運ちゃんの溜まり場で、袋叩きにあった話も聞いたことがあります。

「タクシーに乗る」というのは、ハンドルを任せてしまってる以上、あなたの行き先(運命)を、運ちゃんに全て委ねてしまってます。

礼儀正しく、乗ったら、すぐ現地の言葉で「ありがとう」と言いましょう。「お辞儀をする」「手を合わせる」など相手に敬意を表するのです。それだけで、運ちゃんは喜ぶんです。

 

4.東南アジアでは「Grab」が必須

シンガポール発のベンチャー企業

配車アプリで有名なのはウーバーですが、東南アジアではGrabです。必ずアプリをインストールしておきましょう。旅行者向けに、割引クーポンなども良く発行されていますので、そこもチェックしましょう。

①個人確認済

運転手はGrab運転手に登録されており、白タクに乗るよりかは、相手の素性が分かるという意味で、犯罪に巻き込まれる可能性が下がります。

②領収書発行

領収書がアプリ経由、Emailでも発行してもらえます。タイのタクシーだと普通は領収書が出ません。海外出張の場合、精算で困りますよね。

③現金不要

カードを登録しておくと、運転手とお金のやりとりが発生しません。空港に着いてから、現地通貨に替える必要もなく、そのままGrabに乗っても問題ないのです。

④事前に料金が分かる

乗車前に料金が分かります。これだとタクシーも寄り道して、メーターを稼ぐような動きができない(意味がない)のです。普通のタクシーよりかは、1割ほど割高になりますが、それでも、事前に料金が分かれば安心ですよね。

⑤行き先を説明不要

外国人に目的地を伝えるのって結構大変です。しかしアプリ上で、目的地を事前に登録しておけるので「運ちゃんと会話する必要がない」のです。それは便利ですね。

一つだけデメリットをあげるとすると、運ちゃんと会うまでが大変だったりします。お互いアプリでやりとりしながら、拾ってもらわないとなりません。

余談ですが、数年前まで、ウーバーとGrabが、タイでも戦っていましたが、ウーバーが、事実上撤退しています。ソフトバンクが両社に投資しており、無駄な消耗戦を避けた結果だと噂されています。

 

5.Googleマップで位置確認

事前に、自分の行きたいところを、自分でGoogleマップで、ある程度、位置関係を把握しておきましょう。

目的地を、拙い英語で伝えると、相手に間違って伝わって、自分の行きたいところとは、全然違うところに向かうことだってあります。

例え間違ったとしても「運ちゃんの責任ではなく、自分が伝えきれていない」と考えて、丁寧に行き先を、もう一度、伝えてあげましょう。

 

まとめ

海外は、どこまでいってもアウェイだということを忘れてはいけません。郷に入れば郷に従えです。

現地タクシー運ちゃんも、相手は人間です。たとえ言葉が通じなくとも、礼儀正しくコミュニケーションを取るだけで、移動が快適になります。

どこでも礼儀正しく

東南アジアの人や、サービスレベルを、見下していると、いつか痛い目に遭いますので、皆さん、そこだけは、ご注意あれ。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつまでも「愛し合う」欧米人的価値観

先日、タイのビーチリゾート地、パタヤに遊びに行きました。 ここでは、ヨーロピアンの老夫婦がよく目に付きます。60歳も過ぎた夫婦が2人で、ホテルのプールにいたり、ビーチにいたりです。リタイヤして移住して …

ゴルフは時間の無駄!サラリーマンとして人生を終えたいの?目指すは、機会費用の最大化でしょ。ミャンマーの未来に賭ける!

先日「ゴルフも仕事だぞ。出世したくないならこれ以上言わないが」と、愛のあるお叱りを受けました。 それでも、僕は、頑なにゴルフはやりません。タイに駐在して、ゴルフやってない営業マンは、僕ぐらいでしょう。 …

「私はアナログ人間です」は言い訳。商社マンが語る’デジタル化の真意’ こうして生存競争に立ち向かえ!

IT化、AI、ロボット化、自動化など、コンピュータや機械が、僕たちの仕事まで奪ってしまうと言われる時代です。人間として、いや、いち個人として、どのようにして、この厳しくなるであろう生存競争に、立ち向か …

商社マンはどこでも行くぜ!パキスタン編「北斗の拳の世界観」

2018年初めて、仕事でパキスタンに行きました。 皆さん、パキスタンの場所ご存知でしょうか? 南アジアに位置し、インドの西側、アフガニスタンの東側です。日本外務省の危険地域、レベル3「渡航中止勧告」が …

海外駐在員だけのコミュニティは居心地が良すぎる。分断社会のどちらへ属すべき?誰も言えなことを現役商社マンが語ります。

僕は、タイの首都バンコクで、日本人サッカーチームに入っています。すごい居心地が良いのですが、最近、その理由がやっと分かってきました。   目次1 バンコクに住む日本人はマナーが良い2 良質フ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 よろしくお願いいたします。 ▼Twitter https://twitter.com/SHITSUCHO2019 ▼YouTube https://www.youtube.com/channel/UC1FUGS_exqCkwfewuyxxN-A ▼VALU https://valu.is/liang