アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します。英語力向上の秘策も有り。

海外ネタ

【実録ルポ】東南アジアの女性にハマる人たち。対策と予防策

投稿日:2019年7月7日 更新日:

「女性問題」は、海外駐在員にとって最大リスクです。断言します。

男性諸君「自分だけは大丈夫」と言う貴方こそ危ないんです。

海外に興味がある方が、リスナーに多いので、ハマる過程と対策について、今回は、考えたいと思います。

東南アジアのような、物価が安い発展途上国に来ると

・テロに巻き込まれる

・食事や水が合わなく下痢になる

・仕事のストレスに潰される

などのリスクが潜んでいますが、何が1番のリスクかというと「女性にのめり込むこと」です。ここは、誰も、あまりクローズアップされませんし、知らない人は、全く知らないので、海外赴任7年目の僕が、裏も表も全て明かしたいと思います。

旦那が現地妻を持つ

男性向けだけでなく、旦那が駐在しているというような、奥様(駐妻)にも聞いていただきたいです。

 

5人に1人はハマる

女性問題に苦しんだ方(又は、救われた方も)を、僕は今まで、これでもかと見て来ました。

感覚値ですが、既婚者男性の、おそらく5人に1人は深刻な悩みを抱えています。実に、20%の高確率です。

僕も7年前に、海外赴任を命じられたときに、社長室に呼ばれて「君は、家族がいるんだから、間違った方向には行かないように」と忠告を受けました。

前任者など、数々の人たちが、過去、女性トラブルに巻き込まれて、過去、社員2名の離婚に繋がっていたからです。

 

◆実例①「二重生活」

日本に妻子がいるのに、タイ人女性と出来ちゃって、タイにも子供をもうけて、二重の「父親」をしている方。日本の嫁にはバレてしまっているが、日本に帰るに帰れなく、タイで第二の人生をスタートさせている。

 

◆実例②「スナックママが手切れ金請求」

カラオケで知り合った若い女性に、ありったけのお金を突き込んで、のめり込んで、最後には逃げられる。

それで終わればいいですが、その子が働く店の店長が、勤め先に乗り込んで来て、手切れ金を要求してきました。

ママは外国人をカモにする

おそらく、ママが、悪知恵を持っていて、彼女に吹き込んだんでしょう。もちろん、会社には全てバレて、強制帰国です。

 

◆実例③「自分だけ本気」

初めは、出張で来ていただけなのに、その短期間で、現地女性が好きになってしまう。

家族には嘘をついて、大型連休には、プライベートでタイに来るようになり、その都度、高価なプレゼントを持ってきます。このタイ人女性には、他にも彼氏がいることを僕は知ってます。

などなど、ほんとに修羅場です。ここまでくると、仕事どころじゃありません。強制帰国させられた人達も両手で数えれないぐら知ってます。

 

どうして現地女性に惹かれるのか?

どうして、女性にハマってしまうのか?

どうして、日本のキャバクラではスルーできたのに、海外に来ると、変にデビューしてしまうのか?僕なりに原因分析をして見たいと思います。

理由①「日本で遊ぶより安い」

夜のお店だと、日本で遊ぶ半額以下で遊べます。

タイは男性天国と呼ばれるぐらい、お金を出せば、性に関しては、何でもできます。女性だけでなく、男性も買えます。ア●ルセックスもできる。

元男性の女性は、男性の「勘どころ」を熟知しているわけでして、フェ●チオなどは、女性の比じゃないぐらい上手なのです。それら豊富な性サービスが、格安で手に入る環境なのです。

 

理由②「コミュニケーションが取りにくい」

外国人とのコミュニケーションとは、日本人同士とはまた違います。

限られた単語を駆使して、一生懸命に相手に伝えようとしないと、伝わらない。だからこそ、お互いの関係が密になり、距離が近くなったりします。

例えば、僕たち日本語では「愛してる」なんて恥ずかしくて言わないですよね。そう伝えたい時は、何か、別の単語や文章に置き換えます。

しかし、外国語だと「愛してる」しか表現方法を知らないので、どうしても表現がストレートになります。相手も同じようにストレートにきます。この「ストレート会話」に慣れてないと、心にグッとくるんですよね。

言葉が不自由だからこそ、それ以外の部分でコミュニケーションを取ろうとする(身振り手振り、セッ●ス)ので、逆に想いが伝わったりします。パラドックスですよね。

 

理由③「寂しい」

毎日、外国人に囲まれて、ストレス溜めながら仕事してると、逆にプライベートでは、その反動が出ます。

しかも、周りに知り合いもいない、家族もいない、頼りにする人もいない、そんな孤独な環境の中で「心の安らぎ」を求めてしまう傾向はあります。

日式カラオケ店では、片言の日本語が話せるタイ人がたくさんいます。日々、英語やタイ語のコミュニケーションしてストレス溜めているところで、夜に日本語で甘い言葉を囁かれると、そりゃぁコロッといっちゃいますよ。

 

理由④「若い女性が言い寄って来る」

日本では相手にされない人でも「外国人でお金がある」というだけで、若い女性が、言い寄ってきます。誘惑だらけです。そして40や50を超えているのに、若い子から「おじさん、かわいい」とか言われるんです。

「俺ってモテてる」とマジで受け止めて、その道に突き進んでしまうのです。冷静に考えて見ても、タイ人が、その中年太りしたオッサンを好きになるはずは無く、要は「お金」が目当てなのです。

あなた < お金

それらを勘違いして、女性のために、日本の仕事を辞めてまで、移住してきたりする人もいますが、よっぽどの能力がない限り、タイに来てしまうと、収入は激減します。

①日本から出張できていた(=収入高い)モテた。

②タイに移住してきて(=収入下がる)モテなくなる。

こうなると、タイ人女性からは、愛想を尽かされるのです。なぜなら、彼女たちが求めていたのは「オッサン」でなく「お金」だったのですから。↑このカラクリを分かってない人は、本当に不幸になります。人生棒に振ってしまいます。

 

現地女性への対策

何度も言いますが、全ての男性にハマる可能性があります。予防接種と思って、下記の対策することを、僕は強くオススメいたします。

対策①「家族同伴」

家族は連れてこれるなら連れてきた方がいいです。抑止効果が働きます。単身だと、お金と時間の自由が出来てしまい、どうしても緩んでしまいます。

 

対策②「相手のどこが好きなのか」

現地女性を好きになったのは「若さだけ」であると認識する。離婚してまで追いかけても、相手はすぐ老いる。老いたタイ人女性を、本気で好きになれるか。老いてボケたタイ人女性を、外国人である貴方が、必死になって介護できるのか。

 

対策③「指名しない」

仕事上、接待などで、カラオケ店などで、現地女性と一緒になりますが、1名の女性だけを指名しないこと。特定の子だけと遊ばない。視野狭窄に陥ります。

 

対策④「相手は何を求めているのか」

相手は、何を自分に求めているのかを、今一度、よく考える。ほとんどが「お金」のはずです。

逆の立場になって考えてみてくださいよ。貴方が、若かった頃(20歳)に、出稼ぎで日本に来ている、太った、50代の既婚ヨーロッパ女性を、心底、好きに慣れますでしょうか?

実家に仕送りが必要で、、

夜の相手も必要で、相手の言ってることも、半分ぐらいしか分からない。しかも、いつ母国に帰るのか分からないのです。

しかし、その中年太りしたヨーロピアンは、お金だけは、たくさん持ってます。セッ●スは、いつも求めて来るのですが、その分、ホテル代、食事代、お小遣いも出してくれます。※僕は、絶対嫌ですけどね。

「お金がある」この1点だけで、全てのバランスが取れてしまうのが、所得&年齢差のある、国際交際なのです。

 

結局は自分の人生

僕は、ハマった方に、対策②「相手のどこが好き?」や、対策④「相手は自分のどこが好き?」を、丁寧に説明しましたが、もう手遅れなんです。

ここまでくると「愛は盲目」なんですね。人生を掛けてでも追いかけていく「価値」があるのか、冷静に判断できないのです。だからこそ「ハマっている」と言うんですね。

ハマる方の傾向として

・日本でバリバリ営業やっていて、コミュ力が高い人。遊び方を知っていると勘違いしている人

・日本で女性と付き合いがほぼなく、少し根暗な技術屋さん

これらの方が、ブレーキがきかなくなるんです。

国際結婚の離婚率は高い

しかし、結論になりますが「結局は自分の人生」ですから、ハマることで幸せ掴む人もいるでしょうし、不幸になる人もいるでしょう。

あなた自身で決めてもらってもいいです。でも「そこに陥りやすい環境にいる」ことだけは、忘れないでくださいね。自己に基づく判断なのか、環境に左右されてしまっているだけの判断なのか?ですよ。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好きなことで、生きていく」って一握りの人だけでしょ?嫉妬心と希望が交錯する僕のホンネ(対談前)

特別対談の第2弾です! お相手は「好きなサッカーで食べている」地元の友人です。この友人、実は、僕の中学サッカー部の元同級生なんですね。 対談の本編音声に入る前に「なぜ僕が、彼に対談を申し込んだのか?」 …

いつまでも「愛し合う」欧米人的価値観

先日、タイのビーチリゾート地、パタヤに遊びに行きました。 ここでは、ヨーロピアンの老夫婦がよく目に付きます。60歳も過ぎた夫婦が2人で、ホテルのプールにいたり、ビーチにいたりです。リタイヤして移住して …

子供をインター校へ入学させるメリット【前編】

海外赴任や、移住で、子供を海外に連れてきた場合、必ず悩むのが、日本人学校にするのか、インターナショナルスクールにするのか?です。 僕は子供3人を、タイバンコクのインター校へ通わせており、インター校の良 …

高給リーマンになりたければ「海外駐在員」を目指せ!現役商社マンの給与明細を全てオープンにします

サラリーマンとして高給を目指すのであれば、フルコミッションの不動産営業、投資銀行、外資系などが、頭に浮かぶかもしれません。 しかし、どれも、高度な能力やセンスを求められます。ストレスも半端ないと聞きま …

インター校の落とし穴!英語ペラペラの代償は大きいのか?【後編】

※前編よりお読みください 《古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音》 松尾芭蕉の有名な俳句ですね。僕たちが、この俳句から想像するのは 夕日に照らされた1匹の蛙の影が池に映っている 静かな池に、蛙がチョポ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 よろしくお願いいたします。 ▼Twitter https://twitter.com/SHITSUCHO2019 ▼YouTube https://www.youtube.com/channel/UC1FUGS_exqCkwfewuyxxN-A ▼VALU https://valu.is/liang