アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

大人になって勉強なんかできない。だから娘の勉強をみるんです。

投稿日:

長女(10)の勉強を、ガチで見だして、1年が経ちます。毎晩、スタディサプリを利用して、僕が、娘の勉強をみているのです。

詳しくは過去の投稿をどうぞ。

大人の勉強に走ってしまう本当の理由

「勉強は、いくつになっても出来る。生涯学習」とよく言われますが、嘘だと思う。ユーキャンとか、大人向けの大学院などの、ただの広告文句です。生産者側の都合で言ってるだけです。

大人になって、勉強なんて出来ません。なぜなら、日中仕事してれば、勉強に充てる、時間も体力もないはずだからです。

仕事疲れて勉強なんて無理

また、机に向かって勉強するより、仕事から学ぶことがはるかに多いのです。そういう日常の現実(今の仕事)から目を背けたいがために「大人のお勉強」に逃げるのだと思います。

だから「大人の勉強」なんてのは、やってることは、自己満足の世界、オ○ニーみたいなもんなのです。僕も、過去、数々の勉強にトライして失敗してきたからこそ、その気持ちが、分かるのです。

 

勉強は学生だけの特権

で、勉強とはなんぞや?と申しますと、仕事してない学生だけに許された特権なんです。そして、受験など考慮すると「勉強は18歳までが勝負」なんです。

この特権をフルに活かすには、とにかく、子供(学生)である「今」勉強させるべきなんです。そして、子供の成長とは、不可逆なので、親が勉強をみてあげれるのも、この一時期だけです。

娘が、後から振り返って「あの時は、毎晩パパに教えてもらえた」と思える日が来るはずです。

僕にとっても、娘にとっても、一緒に勉強できるのは、人生で一度きりの時間なんです。だから「今」勉強を見てあげてるのです。

どうせ、女の子は年頃になればパパ嫌いが始まるでしょうから、そん時までは、必死になって向かい合ってあげたいですね。

 

勉強する=自己投資

僕が子供の頃は、勉強を親に教えてもらえなかったし、勉強する意義などの、アドバイスすら一切なかったんです(高卒と中卒の親です)

「子供の時に勉強してれば、大人なってからのリターンが大きい」という、社会の仕組み、自己投資の重要性を説いてくれる大人が周りに皆無でした。これは、ある意味、不幸だったと思います。

だから、自分の子供には、僕と同じ後悔をさせたくないのです。なぜなら、人生とは、全て、不可逆だからです。

過去には絶対戻れない

See you tomorrow.

-よもやま話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「もっと頭を使え!」の意味がやっと分かった。

僕は、小学2年から高校3年まで、10年間サッカーを続けてました。 長く続けてた割には、下手だったのです。 監督からは「おい!もっと頭使えよ!」と、よく怒られてました。 なんで?ヘディングしてるのに… …

【永久保存版】100万回生きた○○。無限と有限の違い。1発勝負という人生観(単なる絵本紹介じゃないよ)

僕の大好きな絵本です。 何度読んでも「頑張るか」という気にさせてくれるのです。 初版は1977年で、もう40年近く前の絵本でして、僕も、自分が小さい頃に、母親に読み聞かせてもらった、記憶があります。皆 …

ホリエモン祭は、情報弱者の集まり!?参加してきた率直な感想です。

先週、ホリエモン祭シンガポールに、行ってきました。 堀江貴文さんが登壇 結論から言うと「もう一回でいいや」です。 ホリエモン祭に興味がある方や、特に「意識高い系の方」に届けばと思います。 ホリエモン祭 …

就活生よ!そんなに上場企業に入りたいかい?でも勝ち組はそこじゃないよ。

全国の就活生よ、そんなに上場企業に入りたいかい? いやいや、勝ち組はそこじゃない。何故なら、上場企業は、不特定多数の株主のものだからです。入社後、貴方の努力が全て報われることは、資本主義社会の仕組み上 …

格差のもとは教育である。海外と比較しても日本は平等にチャンスがあり、これを活かさない手はない(室長の過去話付き)

どうしてそんなに子供の教育にお金かけるのですか? と、身近な人から尋ねられました。 なぜなら、格差のもとは教育にあるからです。子供には、格差社会で生き残って欲しいという親心からです。 時間があれば、子 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019