アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話 海外ネタ

タイも非常事態宣言中だけど…僕は気にしない

投稿日:2021年1月12日 更新日:

タイでも、なんちゃってロックダウンが再度施行されました。

学校は全てオンライン(なんと幼稚園も!!)夜の店内飲食禁止、スポーツ施設やらも、全て閉鎖です。

周りのタイ人も、日本人も、みんなブーブー不平不満を言ってます。

また自粛かよ!!

でも、ですね。

あなたが、いくら嘆いても、タイ政府の方針は変わらないんです。

スティーブン・R・コヴィーの書籍「7つの習慣」で、述べられている「影響の輪」「関心の輪」なのです。

このスキンヘッドのおじさん↓一度は、書店で見たことありますよね。

「影響の輪」と「関心の輪」

僕たちの周りで起こることには

「自分がコントロールできること」

「自分ではコントロールできないこと」

の2通りしかありません。少し言い換えますと、

「変えられるもの、影響できること」

「変えられないもの、影響できないこと」でして、

前者が「影響の輪」で、後者が「関心の輪」です。

関心の輪ばかり拡げて、自分の体力と時間を奪われてはいけないのです。影響の輪だけに、全集中すべき。(スティーブン・R・コヴィー)

関心の輪が大きくなればなるほど、その人にとっては、マイナス要因でしかないんです。

なぜなら、自分が一喜一憂したからといって、結果に、何も影響を及ぼさないからです。

影響の輪が大切なんだ!

話を元に戻しますね。

関心の輪 = タイ政府への不満

僕は、タイ政府が、何をしようとも、1ミリも不平不満は言いません。だって、無意味だからです。

影響の輪 = 副業

自分の100%影響下にあること、例えば、副業ですね。このブログや、YouTubeで、どのように発信すれば、たくさんの人に届いて、広告収入が増えるのかを考え、試行錯誤すること。

僕は、周りの人が、コロナに振り回されているときこそ、自分の時間とエネルギーを、別のところで使いたいと思う派なのです。

皆さんは、どうでしょうか?

 

自己啓発の王様「7つの習慣」

世の中には、自己啓発が、溢れています。

それらを、何冊も読むのは、非効率です。何故なら、同じようなことを、品を変え、言葉を変えて、書かれているだけだからです。

自己啓発=オナ○ー

読んでる側からすると、自己啓発を読むこと自体、オ○二ーに近いんです。だから僕は、自己啓発書を、なるべく読まないようにしています。

「7つの習慣」1冊で、本当に十分です。

全て凝縮されています。著者は、過去の成功者や自己啓発書を、むちゃくちゃ研究したうえで、この1冊にまとめあげているからです。分厚いので、挫折しやすいのですが、頑張って読む価値はあります。ちょっと高いですが…

See you tomorrow.

-よもやま話, 海外ネタ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【雑学】国旗から世界を見る ※追記有り

小学2年の長女が、国旗や世界地図に、興味を持ってきたので、本を買い与えました。しかし、彼女の質問に、僕はタジタジなのです(笑) 目次1 娘の素朴で且つ難解な質問2 変化する国旗も…3 【追記】もっとあ …

「我、思う。ゆえに我あり」観念論が嫌いな理由

僕は、観念論が大嫌いです。 哲学者デカルトが唱えた「我、思う。ゆえに我あり」です。 デカルト 在る物とは自分が在ると思うから存在する。自分が思わなければ、たとえ目の前に見えているの物でも存在しているか …

インター校の落とし穴!英語ペラペラの代償は大きいのか?【後編】

※前編よりお読みください 《古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音》 松尾芭蕉の有名な俳句ですね。僕たちが、この俳句から想像するのは 夕日に照らされた1匹の蛙の影が池に映っている 静かな池に、蛙がチョポ …

【悪用厳禁】海外在住者のズル賢い振る舞い。実例テクニック集。

最初に断っておきますが、この投稿は、正々堂々としていません。 武士道に反します。卑怯かもしれない。しかし、僕は、それでも良いと思ってます。なぜなら、海外で生きていくためには、ズル賢く、そして強くないと …

あなたの存在価値って何よ?労働価値説から、個人の生き甲斐までを、公務員と上場企業の視点から考える。

自分が何者にもならないかも?と悟ると絶望感に陥ります。 なぜなら、僕の存在価値って何だろう?に行き着くからです。 だから努力するんですけどね。その辺りを実例をもとに解説したいと思います。 ■こんな方に …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019