アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

海外報道は割増しされている。そこに歪みがある。ミャンマークーデターを考える。

投稿日:

ミャンマー軍のクーデターにより非常事態宣言が発令。ATMには長蛇の列、日系企業は操業見直し。などなど、ニュースが駆け巡ってます。

これを見聞きすると、

ある男性
ある男性
やばい!大変や!当分、ミャンマーには行けないよ

って思いますよね?

ここには、かなりのギャップがあります。

「海外報道」「現場レベル」でのギャップです。どうしても、振れ幅が大きくなるのです。大袈裟に伝わってしまってます。

日本もタイも上海も同じ

例えば、現在(2021年2月)、日本で、2度目の緊急事態宣言が発令されています。

皆さん、全員が全員、生死に関わるほど、緊張感持ってますか?違いますよね?

しかし、僕が住むタイで流れる「日本のニュース」は、もっと大袈裟です。オリンピックは出来ない、医療体制が崩壊などなど。

なぜならば、タイ人は、日本の状況を、タイの報道を通してかでしか受け取れないからです。

何がFactなのか?要チェック

世界のどの報道機関も、悪いことに関しては、悪い部分だけ、ピックアップして、大げさに報道します。その方が、視聴率が取れるからです。

そもそも、人間は、身の危険を極端に嫌う、生命維持のための危機管理機能を持っていて、それらネガティブな報道にとても敏感なのです。

ベストセラーである著書「ファクトフルネス」でも同じことが語られています。


2014年タイ軍クーデターにも、僕はタイに居ました。

今も、一応、タイ国軍トップが政権を握ってますが、現場レベル、ビジネスにおいても、さほど問題ないんです。

2005年中国での反日デモ。上海に居ましたが、日本で報道されているほどのことは、なかったんです。そう、どれも「盛られて」いるのです。

 

ミャンマーには歪みが発生する

話をミャンマーに戻しますね。

日米欧州が報道するほど、ミャンマーの状況はひどくないんです。

ミャンマー人の友人とも連絡取り合っていますが、軍人が街中にでて、統制しているような(我々がイメージするクーデター)ことは、全く無い。

戦争状態ではない

ここにマーケットの歪み(ひずみ)があると思います。

これら海外向け報道を見聞きした多くの人たちは、ミャンマーの未来を悲観的に考える、そして、ミャンマーチャット(通貨)や、不動産も売り込まれるかもしれない。そうすると、安くなるのです。

総悲観論の今だからこそ「買い」だと思う。

逆張りですね。僕は2015年からミャンマーに通っており、投資と実需両面で、不動産を買いたいのです。おそらく、今では、半値以下になっているはず。

【過去投稿】ミャンマーのロヒンギャ難民。難民問題をビジネスチャンスにする。

今後、天安門事件のように、国軍が市民に銃を向ければ話は別ですが、そうならない限り、そこまで大変な状況にはならないのです。

コロナが終息して、またヤンゴンに行ける日がくることを心待ちにしています。頑張れミャンマー国民🇲🇲

メディアの情報を、冷静に捉えることが出来るようになったのも、ファクトフルネスを読んだおかげです。室長、おすすめ書籍です。1,782円と少し高いですが元は取れますよ。

See you tomorrow.

-海外ネタ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供をインター校へ入学させるメリット【前編】

海外赴任や、移住で、子供を海外に連れてきた場合、必ず悩むのが、日本人学校にするのか、インターナショナルスクールにするのか?です。 僕は子供3人を、タイバンコクのインター校へ通わせており、インター校の良 …

知って絶対損しない。海外タクシー利用5つのポイント。これだけ抑えれば快適です。海外在住の僕が保証します。

海外でタクシーに乗る時には、5つのポイントがあります。これを、知っているか、知っていないかで、あなたの安全率が変わってきます。 タクシーは、低所得者の仕事 「タクシー運転手は、移民のする最初の仕事」と …

100キロ走、2度目のリタイヤに感じる自分の弱さ。GRITを考える。

限界に挑戦することで、見えてくる自分があります。 生身の人間が、体力的にも、精神的にも、限界点に達すると、そこで初めて「素の自分」見えてきます。自分にも、他人にも隠せない、本当の「素の自分」です。 口 …

【雑学】国旗から世界を見る ※追記有り

小学2年の長女が、国旗や世界地図に、興味を持ってきたので、本を買い与えました。しかし、彼女の質問に、僕はタジタジなのです(笑) 目次1 娘の素朴で且つ難解な質問2 変化する国旗も…3 【追記】もっとあ …

海外駐在員だけのコミュニティは居心地が良すぎる。分断社会のどちらへ属すべき?誰も言えなことを現役商社マンが語ります。

僕は、タイの首都バンコクで、日本人サッカーチームに入っています。すごい居心地が良いのですが、最近、その理由がやっと分かってきました。   目次1 バンコクに住む日本人はマナーが良い2 良質フ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019