アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

商社マンはどこでも行くぜ!パキスタン編「北斗の拳の世界観」

投稿日:2019年5月24日 更新日:

2018年初めて、仕事でパキスタンに行きました。

皆さん、パキスタンの場所ご存知でしょうか?

南アジアに位置し、インドの西側、アフガニスタンの東側です。日本外務省の危険地域、レベル3「渡航中止勧告」が出ている所でした。

外務省危険スポット広域情報より

中央アジアの国名には「◯◯スタン」というのが多いんですが、これは、ペルシャ語で「~の場所、土地」という意味だそうです。危ない雰囲気がありますよね。

アフガニスタンは「アフガン人が住む土地」、ウズベキスタンは「ウズベキ人が住む土地」、トルクメニスタンは「トルコ人が住む土地」です。

しかし、パキスタンだけ違って、ペルシア語起源の言葉で「清浄な国」を意味するのだとか。

そんな語源とは裏腹に、ここパキスタンは「テロリストの温床」と国際的にも非難されている国です。イスラム過激派ビンラディンが、最後まで身を隠したのも、ここパキスタンでした。

「月」や「緑色」はイスラム国ならでは

ちなみに、国の正式名称は「パキスタン・イスラム共和国」です。国名に宗教名が入るぐらい、信仰心があるのでしょうか。

 

リアル北斗の拳

街並みを車で走りましたが、どの建物も、城壁のような高い塀に囲まれています。

ホテル入り口はもちろん、移動するバスの助手席には、銃を持った傭兵が、常に乗車してました。

街中には、女性が1人も居ませんでした。外出している人、全員が男性なのです。これは、かなり異様です。夜になると、男性でも、外には出歩けなくなります。

ちょっと、田舎に行けば、建物も少なく、廃墟も多くて、小さな砂漠が続いていました。

前の車の荷台に銃を持った兵士がいます

雨が降らないので、緑も少なく、砂煙も吹いている、走っているトラックの荷台には、兵士が銃持って座ってたりしますし、これって、どこかで見た風景だなぁと思っていれば、、

そう「北斗の拳の世界」でした。

 

ここで生まれ育った人にとっては「普通」

この「治安が悪いことによる社会全体のコスト」は相当なものです。

①家建てる時に城壁がいる

②移動する時は銃を持った傭兵と一緒

③女性は外に出れない

④男性でも夜は外出不可

しかし、ここに住んでいる人は、これが普通なのです。テロも、内戦も、小さい頃から身近な存在なのでしょう。

内戦が日常化

ここには、コンビニなど有りませんよ。家族団らんで、キャンプ張って、バーベキューに出かけるとか、甲子園に阪神タイガースを応援に行くとか、公営プールで女性がビキニを着て泳いで遊ぶとか、、それって、彼らには遠い遠い世界なのです。

※最大都市カラチの中心地には、ショッピングモールがありました。なぜか、Mac、Subway、Pizzahatなど、米国企業も沢山入ってました。地方と都市の格差は相当あると思います。

あるのは銃弾の跡が残った、廃墟とか、兵士がウロチョロしている、殺伐とした風景です。

僕たちは、安全な日本で育ったからこそ、彼らのこの現状が「おかしい」と、認知出来るんですが、彼らは「おかしい」と認知出来ないのです。

情報量が少なくて、比較の対象がないので、認知すらできないのです。

視野が狭い

北斗の拳の世界で、生まれれば、それが、普通になってしまい、何も疑問に思わないのです。

何が言いたいかというと、逆もしかりなんです。僕たちだって、生まれ育ったところの「おかしい」ところは、自分たちでは、非常に気付きにくいのです。

①家庭を犠牲にして働きまくる

②本音と建前を使い分ける

③無神教者が多い

④同調圧力が半端ない

⑤過労死する・自殺する

これら日本では、当たり前・日常的のことも、諸外国からみると、実はおかしいところだらけかもしれないんです。僕たちは、気付いてないだけかもしれません。

外国人からすると「過労死」は考えられない

僕たちの私生活も、彼らから見たら「巨人の星の世界」で生きているのかもしれないのですね。スポ根アニメのように、僕たち働きますから。

パキスタンの人達が、北斗の拳の世界で生きているのに、平気な顔しているのを見て、僕はそう感じました。

他の動画や、ブログでも、僕が「海外に目を向けよう!」とメッセージ発信している理由は、まさしくここでして、色んな世界を知ることで、比較の対象を多く持ち、自分たちを、再度見つめ直すことが大切なのです。

 

【おまけ】パキスタン人から聞いた面白い話

パキスタン出張中に出会った現地人に聞きましたが、、

①ホウキは有るのに、チリトリは無いと言い切る。

ネタかと思ったら、本当で、集まったゴミは、毎日、手ですくって、ゴミ箱へ。それ効率悪すぎですよ。

②いつでも握手を求める。

トイレに出てすぐで、手が濡れていても、ガンガン握手してきます。濡れた手で握手されるんですが、これはキツかったです。

③35歳男性が16歳の嫁貰う

僕と同じ歳のパキスタン男性が「室長の嫁はいくつだ?」と聞いてきて「35歳で同じ」と答えると「俺の嫁は16歳だ」と自慢してきました。しかも子供が2人いるようで。これ以上、深く聞きませんでした。

④ビンラディンを守ってない?

「米国が、パキスタンに、ビンラディンを引き渡すように求めたが拒否した」と僕は認識してましたが、実はそうではなくて、パキスタン政府も、他のムスリムも、彼ら過激派には否定的です。米兵を引き揚げさせたオバマにも「ダブルスタンダードだ」と好意的ではなかったです。

⑤親中国

過去、色んな国に行きましたが、ここまで、親中国な人達と会ったのは初めてです。中国は、パキスタンに対して、インスフラ投資を推し進めており(中東からの石油ルート)カラチの港整備などは、ほぼ中国がやってるようです。

まぁ、僕が会ったパキスタン人もそんなに多くないので、どれが真実で、どれがそうでないのかは、よく分かりません。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国金欲主義社会

海外で人気のある公務員の「職種」は、何かご存知でしょうか? 正解は、海関(税関職員)です。理由は、裏金で儲かるからです。 「生活が安定しているから」という生温い理由ではなく、もう10代後半から「裏金で …

【裏技公開】飛行機に手荷物を追加費無しで多く持ち込む方法

海外旅行で、悩むのが、荷物制限ですよね。 僕は、海外商社勤めでして、職業上、年間30回以上、海外渡航をしています。渡航回数は、普通の人より多いと思います。しかし、今でも、手荷物の制限には、毎回気を使い …

格差問題は、未来永劫、解決しない。結局は、中国もアメリカも、同じ問題を抱えている論。

15年前に、上海留学してた時、池上彰さんの「わからなくなった世界情勢の読み方」を、持っていってました。 鄧小平による改革開放により中国は発展。社会主義的資本経済という、政治は共産党、経済は自由という、 …

【朝日新聞をぶっ潰す!!】メイド・イン・ジャパンという「過去の栄光」に縛られる記者達

朝日新聞は、ほんとセンスのない取材をしてと思います。潰す勢いで、反論したいと思います(笑)またもや、タイトルが過激で申し訳ないです。そんな気ありませんので。 サイト作り込み具合が半端ない… まずは、上 …

海外が危なくて日本は安全なのか?現役商社マンが感じる’違和感’を徹底解説します

地震とは、地下で起きる岩盤の「ずれ」により発生する現象です。 日本周辺では、太平洋プレート、フィリピン海プレートが、北米プレートと、ユーラシアプレートの方へ1年あたり数cm の速度で動いています。複数 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019