アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

提案がないBecauseは、Excuse(言い訳)である論

投稿日:

僕は、海外で子育てしています。9歳、6歳、4歳でして、タイのインターナショナルスクールに通わせています。

娘達と会話して「思考が外国人化してんじゃないか?」と心配になる時があります。

僕が、何を注意しても、何を指摘しても「だって、、」という文言から入るのです。これは英語でいうと「Because」です。直訳すると「何故ならば~」ですが、子供だと「だって~」なんですね。

言い訳のオンパレード

おそらく、スクールの友達も、先生も、周りの外国人が、何か発言する時は必ず「Because」と理由を述べるのです。これが娘達にも影響している気がするのです。

ちゃんと理由を述べるというのは、論理的思考が出来ているようにも思えますが、それは、ある条件を満たしたときだけです。

 

I don’t think so, Because..

僕も、仕事上で「I don’t think so, Because..」と、毎日のように使ってます。相手の意見に、自分の言い分をぶつける大切なフレーズですね。でも、それを言うからには、次の一手を示さないといけないのです。

「私はAとは思いません。何故ならばこうだからです。だったらBという新しい方法でいきませんか?Bの方法だと、こんなメリットがある」と、この自分の案Bを持ち出さないと、Becauseを使ってはいけないと思うんです。

うちの娘の場合

室長
室長
公文は終わったの?

と聞いても

してない。だって、弟が邪魔するもん
娘

で、終わるんですね。

公文が出来ないのは、弟が邪魔するから、で思考が止まってます。

「弟がいないパパの部屋で、公文やってもいい?」という、提案がないんですね。

この提案がないBecauseは、単なるExcuse(言い訳)なんですよ。

 

外人を抑え込む時にも有用

外国人と仕事したことがある人は、分かると思いますが、彼らは、Becauseの単語を盾にして、出来ない言い訳ばかりしてきます。そんな時、僕は「じゃあ、次どうするんだ?」と、ボールを返し、本人に考えさせるようにしています。

良い案があるのか?

僕の指示に従わない部下には「僕の指示よりもっと良い案を出してくれ」と言います。それは部下の意見を、尊重する行為でもあります。

頭ごなしに否定はしません。しかし、提案がないのであれば、「自分のアイデアが、ないなら、僕に従ってね」と、その後に言い返せる準備でもあります。

小さな子供との些細な会話ですが、彼女達には、言い訳ばかりでなくて、もう一歩、自分で考えて、意見を言えるようになって欲しいのです。これから社会に出て行く学生さんも、ここ注意しておいた方がいいです。あなたの上司は、必ず見てますから。

See you tomorrow.

-海外ネタ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフは時間の無駄!サラリーマンとして人生を終えたいの?目指すは、機会費用の最大化でしょ。ミャンマーの未来に賭ける!

先日「ゴルフも仕事だぞ。出世したくないならこれ以上言わないが」と、愛のあるお叱りを受けました。 それでも、僕は、頑なにゴルフはやりません。タイに駐在して、ゴルフやってない営業マンは、僕ぐらいでしょう。 …

海外報道は割増しされている。そこに歪みがある。ミャンマークーデターを考える。

ミャンマー軍のクーデターにより非常事態宣言が発令。ATMには長蛇の列、日系企業は操業見直し。などなど、ニュースが駆け巡ってます。 これを見聞きすると、 ある男性やばい!大変や!当分、ミャンマーには行け …

子供をインター校へ入学させるメリット【前編】

海外赴任や、移住で、子供を海外に連れてきた場合、必ず悩むのが、日本人学校にするのか、インターナショナルスクールにするのか?です。 僕は子供3人を、タイバンコクのインター校へ通わせており、インター校の良 …

問題「Second floor」とは?「2階」は間違いです

以前、南アフリカ出張で、現地のホテルにチェックインした時です。 部屋の鍵を渡されて「何階ですか?」と聞くと「Second floor」と言われました。 重いスーツケースを2階に持って上がり、2階のフロ …

「好きなことで、生きていく」って一握りの人だけでしょ?嫉妬心と希望が交錯する僕のホンネ(対談前)

特別対談の第2弾です! お相手は「好きなサッカーで食べている」地元の友人です。この友人、実は、僕の中学サッカー部の元同級生なんですね。 対談の本編音声に入る前に「なぜ僕が、彼に対談を申し込んだのか?」 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019