アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話 海外ネタ

【雑学】国旗から世界を見る ※追記有り

投稿日:2019年12月31日 更新日:


小学2年の長女が、国旗や世界地図に、興味を持ってきたので、本を買い与えました。しかし、彼女の質問に、僕はタジタジなのです(笑)

娘の素朴で且つ難解な質問

速攻で超難題です。

娘
パパ、どうして台湾がないの?

クラスメートに台湾人がいるので、その子の国が無いと言うのです。自分で手書きで「タイワン」と書き込んでました。台湾人は、チャイニーズを話せる、というのまでは娘も分かっているけど、中台関係なんてまず知らないですよね。

カタカナでタイワンと追記

この本には、台湾の旗がない。国旗というタイトルの本に、台湾の旗を入れると「台湾を国として認めたのか」と、非難される可能性があるからでしょう。なので「未記入」の方が、無難なんでしょうね。

ちなみに、中国で出版される地図では「台湾省」と表記されています。それは、中国は台湾を国とは認めていない、1つの省と捉えているからです。

中国と台湾は戦争して、独立したから、国として認める人もいるし、認めない人もいる。国旗がない地図もある
室長
室長

と説明しましたが、娘から

娘
パパ、戦争ってなに?

と質問されました。それっぽく、説明しても、次は

娘
平和ってなに?

と聞かれて、うまく説明出来なかったです。

地図で、国境が直線になっているところは、むかし戦争があったから。普通はギザギザの線やろ?
室長
室長
国の名前に、人民とか共和とか入ってる国は、逆に自由がない国が多い。
室長
室長

など、教えましたが、低学年の娘に、伝わっているのかは不明です。

でも、よく考えると、地図や国旗だけで、子供と戦争の話まで出来るって、なんかすごい。

 

変化する国旗も…

フィリピンは戦争状態だと色が変わる

「フィリピン国旗は、戦闘態勢になると、色が変わる」のです。知ってました?普段の時は、上が青で、下が赤だが、戦争状態になると、上が赤で、下が青の国旗に変わるのです。

 

裏側から見たときのことも考えられている

「サウジアラビアの国旗は、裏表ある」のです。

アラビア文字は、右から左に読むため、サウジアラビアの国旗は、旗ざおが右側にくるように掲げる。また、裏側の文字もちゃんと読めるように、2枚の布を貼り合わせている。

子供が国旗に興味を持ったら、是非この本を買ってあげましょう。さすが、教育がよく分かっている陰山さん(著者)です。大人も十分に楽しめるようになってますね。

 

【追記】もっとあるよ国旗ネタ

YouTubeやTwitterで、コメント頂きましたので、追記します。ありがとうございます。

「バングラデッシュの国旗の赤丸は中央から少しずれている」のです。

上記の国旗よーく、見てください。赤丸が、少し左側に偏ってます。理由は、風になびいても中央に見えるように少し旗竿側に寄せてあるのだそうです。ちなみに、日本の日の丸は中央です。こっちの方が、面白い雑学ですよね。

 

ハタ坊さん(国旗博士)

また、フィリピンとサウジアラビアの国旗に関する表現ですが、Twitterで不適当と、ご指摘いただきました。ありがとうございます。

ハタ坊さんですが、名前の通り、国旗マニア(良い意味で)だそうで、僕がTwitterで発信すると、直ぐにコメントいただけました。おそらく、国旗に関しての投稿を、常にウォッチされているのでしょう。ここまでくるとホントすごい。

 

国旗は慎重に扱うべき

日本には、外国国章損壊罪(がいこくこくしょうそんかいざい)という犯罪があります。

外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他国章を損壊し、除去し、または汚損することによって成立する犯罪

デモなどで、他国の国旗を燃やしたりするのは、完全にNGのようです。相手国の国民感情を逆なでする行為になるからでしょう。

僕も、Twitterで、フィリピンとサウジアラビアの国旗を入れた、画像(フリー素材なので、基本問題は無い)をアップすると、「センシティブなコンテンツ」となって非表示になっていました。

Twitter社の真意は不明ですが、やはり国旗って、軽々しく扱えるネタでも無いのだなぁと改めて思いました。良い意味で、勉強になりました。

See you tomorrow.

-よもやま話, 海外ネタ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ここが変だよあなたの上司。その電話意味あるの?若者優位の逆転現象

先日、焼肉屋に行ってた時に、隣の席で、年配ダメリーマンさん達が、こんな会話していました。 「最近の新人は、何かあっても直ぐにメール。アポイントもメールだって。電話してコミニュケーションとれよ!って注意 …

どうして海外に目を向ける必要があるのか?ミャンマー田舎でみた衝撃。頑張りすぎるあなたへ伝えたい。

「アジア戦略室」に、ご訪問いただきまして、ありがとうございます。ここで、お伝えしたいメッセージは、たった1つです。 海外に出よう! 室長 「海外に出よう!」です。ホントにそれだけです。 僕は、中堅商社 …

将来年金がもらえるか心配?タイ人のマイペンライ精神を見習うべき。社会は良くなっていくんです。

若い頃から、将来を極度に心配する必要はありません。 なぜなら、社会は良くなっていくのだから。心配するだけ損します(時間や労力を消費している) これらを、日本と海外の比較や、僕の持論も入れて詳しく説明し …

絶対に関わりたくない人ベスト5

関わりたくない人ランキングを、僕の独断と偏見で発表したいと思います。 愚痴を言う人、ネガティブな人、世間体を気にする人、他人の責任にする人、嘘をつく人など、普遍的な意見以外を、あえてピックアップしてい …

【質問】イブの夜、突然、綺麗な女性が訪ねてきたら!?本当にあったスベらない話

過去のクリスマスのネタです。 僕は、大学時代、共同生活をしていました。今風でいうとシェアハウスでしょうか。当時は「共同下宿」なんて呼んでました。個室はありますが、お風呂や洗面台、トイレ、台所が共同です …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019