アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

商社 海外ネタ

海外商社マンの仕事、裏も表も全て公開!就活生、商社、海外に興味のある方は必見です。

投稿日:

海外商社マンって、どんな仕事してますか?という質問を頂きました。

僕の主な仕事は「自動車工場の自動化・効率化のお手伝い」です。

これだと分かりにくいので、詳しく説明してきますね。

■こんな方がオススメ

・商社に興味がある学生さん

・海外ビジネスに興味がある

・室長の仕事が気になる(ありがとう)

自分でやってることは、業界内では当たり前のことなのですが、意外と別業界や、学生さんからは、新鮮に映ると思います。

 

モノを「右から左」の時代じゃない

商社ですので、基本は、モノを買って売るのが仕事です。

しかし、従来の、モノを右から左に流して儲かるという時代ではなく、そこに、商社が、何かしら価値を付加しないとなりません。

商社は販売員と同じ

「モノを右から左」の旧ビジネスモデルは、単純で且つ簡単なのです。情報や物流が発展したいまでは、実は誰でも出来てしまいます。そうすると、他社も参入してきて、結果、価格競争に陥ってしまい、旨味がないのです。

よって、独自性、弊社でしかできない付加価値を出していかないと、生き残っていけないのです。お客さんから選んでもらえないのです。

では、その付加価値とは、一体どんなものでしょう?

 

商社の付加価値とは?

付加価値とは、ある設備に、機能を追加して高機能化するだけではありません。

ぶっちゃけ、お客様から「価値がある」と思ってもらえれば、何でも「価値」なのです。

実例を2つあげますね。

 

①現地化(ローカライズ)

海外で商社業していると避けられないキーワードです。ローカライズとも呼びます。

要は「現地でやれることは、現地でやって安くする」なのです。

海外自動車工場(自動車を作る完成車両メーカー)の現場では、数々の日本製設備を入れます。車のフレームを溶接するロボット、品質を確認する超音波検査機、フロントガラスを接着させるための塗布機、、などなど。

ロボット設置も簡単じゃない

後進国である、東南アジアでは、地場のタイメーカーでは、これらを作れません。そうすると、輸入に頼らざる得ません。しかし、輸入すると、関税や輸送料などが、余分にかかってしまい、日本より購入金額(コスト)が上がってしまいます。

日本で、輸入食品が高いのと、同じロジックですね。

そこで、誰もが考えるのは「このロボットを、一部分でもタイで手配できないか?」という、現地化なのです。

ロボット本体は、複雑なので、輸入に頼らざる得ないのですが、そのロボットを置く「置き台」だけとか。

ロボットは置いて終わりでなくて、設定してあげないといけない。従来は、日本人技術者を、日本から呼んでいたが、タイにいるタイ人技術者でできないか?など。

その提案を、僕(商社)が行うのです。

お客さん目線でいくと、普通は、商社が入ると、設備が高くなるのですが、その商社が、設備の一部、技術者の現地化を提案することで、商社のマージン入れても、トータル金額が安くなったりするのです。

初期費用だけではありません。現地化することで、購入後の現地のメンテナンス性も上がるのです。

実際はこんなカッコ良くない

「ロボットの設定を少し変えたい」と思ったときに、タイ人技術者がタイにいれば、安価に対応できたりします。置き台の高さを少し低くしたい、となっても同じですよね。

 

②お客様の手伝い

僕が相手にしている部署は、自動車工場「生産技術」の方です。

彼らの使命は「工場の稼働率(時間当たりの生産数)をあげつつ、品質の高い車を安定供給する」です。

その手伝いを、僕(商社)がするのです。

日本の工場は別として、海外工場の生産技術といっても、そんなに人数がいません。技術力も情報も経験値も、日本と比べると低いです。そこを補填するのです。

作業の効率化でロボット導入

例えば、今までマニュアル(作業者が手作業)していたところを、ロボットを導入して自動化しようと言うのは簡単ですが、それを「生産技術」の担当が、1人で行うのは至難の技なのです。

 

■生産技術の考え

・ロボットは作業者と違い24時間働ける、品質も安定する

・しかし、導入コストが高い。設置後の融通がきかない。

・工場はフル稼働中、いつ設置できる?スケジュールは?

・費用対効果はどれだけ出るのか?

・どこのメーカーで、どの仕様のロボットが何台必要なのか?

・予算は足りるのか?誰が設置工事するのか?

 

など、検討することが多いのです。生産技術という立場ですので、何もしないわけにはいかない。

彼らもサラリーマンですから、それら検討結果を、自分の上司に報告して、承認をもらわないといけません。僕は、その生産技術が、社内報告できるような情報を提供します。

 

■室長の提案(例)

タイ人作業者は、年間150万円ぐらいのコストがかかります。

昼と夜の2交代制だと、150万円x2名=300万円/年です。

その工程にロボットを導入すると、作業者が2名削除できます。

ロボットは、3,000万円の初期導入費が発生します。

10年以上使うことができれば、トータルコストが安くなります。

タイの人件費は、年3%で上昇傾向にあり、また品質不良も稀にあります。

しかし、ロボットはランニングコストは一定で、品質も安定します。

だから、今、購入検討しましょう。

 

という情報を、僕が計算してプレゼン資料にして渡します。

メリットありますよね?

もし、この案が通れば、生産技術としては「室長さんに手伝ってもらったし」と、情も借りもあるので、発注してくれるのです。

ロボットだけではなく、工場の設置、設定、あとメンテナンス業務、予備品供給まで、受注できれば、商社マンとしては百点満点ですね。

 

理系知識も英語力もいる

僕は水産学部出身ですのでビックリされるのですが、お客さんのほとんどが、工学部出身です。

八百屋で大根売るのと違って、しっかり自分が、その工場設備を理解して、技術仕様書や、カタログを見て、それなりのことを説明しないといけません。

商社ですので、自社製品だけを扱っているわけではなく、B社とA社のロボット、どっちが、良いの?という質問にも答えられないといけない。

技術書も読まないといけない

加えると、それなりの英語力も必要です。生産技術というお客さんは、日本人でないケースもあります。英語の仕様書を読み込んで、それを提案して行くのです。大変な作業です。

輸出入業務もあるので、そっちの知識もいりますね。

 

どうでしょう?これが「付加価値」なのです。

僕の今やっている仕事が、専門的であればあるほど、難しければ難しいほど、参入障壁が高い、他社が簡単に真似できないのです。そこを見定めて営業活動をしています。

心の中では「もし、僕がいなかったら、ロボット案件まとめれないでしょ?」と思いながら、それは、お客さんも分かって、頼りにしてくれている部分もあるのです。

室長
室長
これが、商社マン冥利に尽きるところですかね。

今回はお客さん目線で書きましたが、次回は、メーカー目線で書いてみますね。商社にとって、メーカーさんは、お客さんと同じか、それ以上、大切な存在です。

See you tomorrow.

-商社, 海外ネタ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高給リーマンになりたければ「海外駐在員」を目指せ!現役商社マンの給与明細を全てオープンにします

サラリーマンとして高給を目指すのであれば、フルコミッションの不動産営業、投資銀行、外資系などが、頭に浮かぶかもしれません。 しかし、どれも、高度な能力やセンスを求められます。ストレスも半端ないと聞きま …

【本音で語ります】僕の置かれた現状と今後の人生戦略!

僕は、東証一部の専門商社に勤めています。現在、タイ・バンコクに赴任しています。今年36歳で3人児の父親でもあります。 年収は、海外赴任手当など諸々入れると8桁に届くぐらいです。海外駐在員ですので、普通 …

どうして海外に目を向ける必要があるのか?ミャンマー田舎でみた衝撃。頑張りすぎるあなたへ伝えたい。

「アジア戦略室」に、ご訪問いただきまして、ありがとうございます。ここで、お伝えしたいメッセージは、たった1つです。 海外に出よう! 室長 「海外に出よう!」です。ホントにそれだけです。 僕は、中堅商社 …

【実録ルポ】東南アジアの女性にハマる人たち。対策と予防策

「女性問題」は、海外駐在員にとって最大リスクです。断言します。 男性諸君「自分だけは大丈夫」と言う貴方こそ危ないんです。 海外に興味がある方が、リスナーに多いので、ハマる過程と対策について、今回は、考 …

【永久保存版】商社マンが教える5つのビジネス英語術

海外で働くことになると、まず困るのが「言葉の壁」です。 プライベート旅行であれば、いい加減な英語でもいいのですが、仕事であれば、業務上の指示には、ミスが有ってはいけません。 僕は「大学は出たけど、英語 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019