アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

子供をインター校へ入学させるメリット【前編】

投稿日:

海外赴任や、移住で、子供を海外に連れてきた場合、必ず悩むのが、日本人学校にするのか、インターナショナルスクールにするのか?です。

僕は子供3人を、タイバンコクのインター校へ通わせており、インター校の良し悪しを、それなりに理解しています。

前編では「メリット」を、後編では「デメリット」の両方をお伝えできればと思います。

 

海外在住の利益を子供にも還元

まず、僕の考え方(価値観)からお伝えします。

《与えられた環境下で、最大限の利益を得ること》を信条にしており、合理的な判断を好みます。

これは僕の全ての行動原理です。では、この考えを「海外赴任」に当てはめてみましょう。

 

①与えられた環境下

海外に住む日本人は、全体の1%と言われています。

日本には、420万社もの会社がありますが、海外現地法人は、3万社ほどしかありません。

要は、駐在員という立場は、確率的には1%以下なのです。

中小企業やベンチャー企業だとほぼノーチャンスですよね。

この1%を手にしたという、あなた(親)の権利を、子供にもシェアして、子供にも利益を分け与えるべきと僕は考えます。

 

②最大限の利益を得る

日本人学校とは、海外にある日本人専用の学校を指します。

日本人学校と呼ばれますが、全て私立の位置付けです。

バンコクの日本人学校は、なんと小学校で、年間50万円も授業料が掛かります。

ここに、バス代など雑費を加えると、実費80万円はいくでしょう。

僕の周りでも、子供を日本人学校に通わせている人が沢山います。

が、そもそも、日本人学校に通うのであれば、別に家族を、わざわざ海外に呼ぶ必要ないと思うんです。

何故なら、普通に日本にいれば、海外の日本人学校よりも、安く手軽に、公立小学校に通わせれるからです。

僕から言わせると、①与えられた環境を利用出来てないどころか、逆にマイナスなこと(手間の掛かる選択)していると思うんです。

「海外移住」と「日本人学校」は、組み合わせとして非効率なんです。

 

東南アジアのインター校は安い

日本では、お金持ちの芸能人が子供を通わせたりするインターナショナルスクール。

基本的に、先生はネイティブで、授業も全て英語で行われます。

日本での費用は、年間150万円とも200万円とも言われます。

しかし、東南アジアではそんな高くありません。選べば年間50万円以下なんかザラです(ピンキリですが)

この価格差を正確に理解して、子供の利益に落とし込まないとなりません。

海外のインター校の価格比較がありました。

バンコクは平均1万ドルですが、僕の子供は、年間70万円の、安い所に通わせています。

タイの日本人学校と、タイのインター校の値段がそれほど変わらないのに、それでも、日本人学校に通わせるのでしょうか?

 

英語からは逃げられない

僕の個人的な話をしますと、僕は30歳頃まで、英語から逃げ続けていました。

ほんとに逃げてましたね。そもそもアルファベットが嫌なのです。学生時の留学先も中国でした。

英語圏へ留学している人って、なんかイキっている感じがして嫌でした。笑

24歳で社会人になって「もう逃げ切れたな」と思っていましたら、30歳で海外赴任となりました。

仕事で、英語コミュニケーションが必須ですので、生まれて初めて、英語と本気で向き合いました。この流れは、非常に効率の悪い勉強なんです。

中学→高校→大学と、英語の授業や試験はあったのに、僕はいったい何をしていたんだろう?と後悔しました。

もし「英語からは一生逃げ切れない」と、中学の頃で気付いて、自分の将来をイメージして、勉強に取り組んでいれば、今、こんなにも苦労することは無かった筈です。

要は、僕の年代(35歳)で、逃げ切れないのですから、僕の子供(2010年以後生まれ)なんて、200%逃げれないです。これは絶対です。

そして「逃げれない」という仮説が正しいなら、いつ英語を勉強させるのが、効率的なのかを、逆算してみるわけです。

段々と、本題に近くなってきましたね。

 

語学を学ぶ適齢期は?

語学を効率的に学べるのは「小さい頃」なんです。脳科学や教育学など多方面から言われてますので、ここは異論はないと思います。

僕の長女は、このままいけば、おそらく受験英語や、英文の読み書きも困らないです。

そして、もし日本の大学受験をさせるとなると、彼女だけ勉強科目に「英語」は不要になります。

周りの日本人学生は一生懸命、英単語と格闘している間に、別の教科を勉強出来るのです。

この時間的な優位性は相当なものです。受験科目で英語がない大学ってほぼないですもんね。

受験英語だけではなく、社会人になり、海外赴任になっても、僕のように30過ぎて、焦って勉強し始める必要はありせんよね。

外国人と意見交換する機会も増えるでしょうし、色んな意味でのチャンスは増えるはずです。

 

日本の大学は無償化される

増税を控えていますが、その増えた税収で、2020年以降に、国立大学を含む高等教育が、無償化されます。

今まで、子供の教育といえば「大学」が1番費用が掛かりました。これが無償化されるということは、大学に入れる為の教育費を、前倒しして、小中高校に使えるということです。

勿論、国立大学に受かるのが前提です。が、小中高に教育費を使うのは、結果として、子供の学力を上げ、国立大学入学の確率を上げることに繋がるのです。

僕は、この流れに気付きまして、小さい子供をインター校で学ばせて、高校又は大学から、日本に戻して、進学させられれば、トータル投資効率が、1番良いと考えています。

こんなに簡単にはいかないと思いますが、自分の子供のことですので、できる限りのことはやってあげたいと思っています。

 

親子留学も

東南アジアで、安いインター校へ入れて、日本へ逆戻りさせる、という逆輸入型の子育て、これから流行ると思うのですが、如何でしょうか?

韓国では、英語教育熱が、日本より高く、母親が小さな子供を連れて、親子留学するのは一般的です。バンコクでも、そんな韓国人親子を見かけます。

日本と違い、韓国は、国内の経済規模も小さく、企業も個人も、海外を見据えた、生き残り戦略が求められているのです。

しかし、日本も長い目でみると、国内経済は縮小していくのは間違いなく、個人も、早く海外を意識しないと、気付けば「取り残されていた」となりかねません。

 

まとめ

  • 海外駐在するなら子供を連れて来るべき
  • 東南アジアでは安いインター校がある
  • 日本人学校は私立扱いで高い
  • 英語からは逃げられない
  • 大学無償化を見据えて小中校で集中投資

以上が、インター校のメリットです。

後半では、デメリットを考えたいと思います。

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【現役商社マンが解説】為替予約とは?知ってそうで知らないこと。

海外商社マンは、毎日が「為替との戦い」と言っても言い過ぎではありません。 いくら輸出入が上手くいって案件が完結しても、最後の最後で、為替損が発生すると、全ての苦労が水の泡になります。 この為替リスクと …

新しいことにチャレンジすべき明確な理由。オヤジ化の回避。Webサービス始めます。

オッサン化を食い止めるには、新しいことに、無理してでもチャレンジし続ける必要があります。なぜなら、過去の経験値が、未来の感動量を下げてしまうからです。 悲しいことに、このオッサン化とは、全員に起こる症 …

海外商社マンの仕事、裏も表も全て公開!就活生、商社、海外に興味のある方は必見です。

海外商社マンって、どんな仕事してますか?という質問を頂きました。 僕の主な仕事は「自動車工場の自動化・効率化のお手伝い」です。 これだと分かりにくいので、詳しく説明してきますね。 ■こんな方がオススメ …

星占いが好きな人は、自動車産業を見習ったほうが良い。オカルトを排除して、もっと合理的に生きよう。

テレビの星占いを見るをやめましょう。 何故なら、そこで「差」がついてくるからです。 これだけ、科学が進歩した現代ですら、世の中、おかしな事だらけです。自動車産業に深く関わってきた室長が、仕事で学んだこ …

【実録ルポ】東南アジアの女性にハマる人たち。対策と予防策

「女性問題」は、海外駐在員にとって最大リスクです。断言します。 男性諸君「自分だけは大丈夫」と言う貴方こそ危ないんです。 海外に興味がある方が、リスナーに多いので、ハマる過程と対策について、今回は、考 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019