アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

ここが変だよあなたの上司。その電話意味あるの?若者優位の逆転現象

投稿日:2019年5月11日 更新日:

先日、焼肉屋に行ってた時に、隣の席で、年配ダメリーマンさん達が、こんな会話していました。

「最近の新人は、何かあっても直ぐにメール。アポイントもメールだって。電話してコミニュケーションとれよ!って注意したよ…」 

電話でアポイント?それ迷惑でしょ

電話でアポイント?それ迷惑でしょ

オイオイ、僕は突っ込み入れたくなりました。僕の感覚だと、電話で急にアポイントとる方が失礼です。

 

目次

電話は相手の時間を奪う

スケジュールは、スマホに入れてますよね。それなのに電話掛けられて「いついつ会えませんか?」と、聞かれても、自分の来週や再来週の予定分かんないです。

しかも、電話は、無条件に、相手の現在の時間を奪います。僕は3分以上、電話で話されると、すごい嫌な雰囲気を出すようにしています。「俺の時間を奪うなよ」と言わんばかりです。

僕は、仕事してても、週末でも、暇な時間はありません。いつも何かしています。その「何かしている自分」へ、急に土足で入ってくる行為が電話なのです。

今では、メールやLINEで、簡単に連絡出来ますよね。これらの利点は、双方向で非同期コミュニケーションが取れることなんです。

要は、自分と相手が、リアルタイムで「同じ瞬間」を共有しなくてもよいのです。相手の邪魔にならないので、極力そっちを使いましょう。

どうして、大衆(サラリーマン)は相手の時間を電話などで平気で奪えるのか?という問題に対して、堀江貴文さんは、

サラリーマンにとって、勤務時間とは、企業に奪われた時間。サラリーマン同士が仕事の電話を掛けるのは、奪われた時間同士の掛け合わせに過ぎない。お互い、とっくに自分の時間じゃないんだから別にいいじゃん、、そういう諦めがあるんでしょう。

と、著書「バカとつき合うな」で述べています。

納得ですね。

 

商社マンは「時間効率化」との戦い

僕って、自分で言うのもなんですが、超時間無いんですね。忙殺です。商社業をやっていると、仕入先さん、お客さん、色んな方から、僕は時間を奪われる立場にあります。

毎日サンドバッグにされていますが、それが出来ないと務まらないんです。宿命なので受け入れているのですが、それでも、問い合わせしてくる方、全員に100%の丁寧な対応は出来ない(24時間あっても足りない)のです。

申し訳ないですが、お客さんにも優先順位をつけています。大きな仕事(利益)を頂けるお客には120%の対応、あまり仕事にならない問い合わせは30%ぐらいで力を抜いた対応など。

しかし、理想は、全員に100%の対応をすることなので、いかに自分の時間を有効活用しようかと、毎日死ぬほど考えています。

先日「今メールしたのですが、要件電話でも伝えさせて頂きます」と、取引先の方から連絡がありまして、、それメールの意味無いし、逆に僕の時間を二重に奪ってますけど?と、ホントに突っ込みたくなりました。

 

若者優位の逆転現象

総括しますと、やはり、年配の方は、年配の方の遅いスピード感で生きていて、僕や、いや僕よりもっと若い子たちは、もっともっと早いスピード感で生きています。

サッカーもそう、将棋もそう、大学入試も、宅建の試験も、全部、昔のレベルと、今のレベルを比べると、あきらかに、今の方が難易度も高く、若い子たちは、全体平均レベルも高くて優れています。

20年前の大学共通一次試験と、今の見比べて下さい、驚くほど、難しくなっています。 

 

若者の方がIT機器も使いこなし効率的

若者の方がIT機器も使いこなし効率的

NHKのアナウンサーが話すスピードは、年々早くなっていると言われています。それだけ視聴者側の言語処理能力が高くなっている、忙しい現代人が、時間当たりの情報量を多くして欲しいという要望が、根底にあるのでしょう。

しかし、会社組織に入ると、どうしても年配者が上司になるので、これら「若者逆転現象」を、表立って言えないわけです。その結果、特に優秀な若者は、この理不尽な環境に耐えられなくなり、辞めてしまうんだと思います。

焼肉屋で会ったダメリーマンの部下には、同情します。こんな上司だと、やっていけないでしょうね。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

インター校の落とし穴!英語ペラペラの代償は大きいのか?【後編】

※前編よりお読みください 《古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音》 松尾芭蕉の有名な俳句ですね。僕たちが、この俳句から想像するのは 夕日に照らされた1匹の蛙の影が池に映っている 静かな池に、蛙がチョポ …

【最前線】ミャンマーの就活とは?これは勿体ない。ビジネスチャンスだとも思います。

ミャンマーの就活事情から見えてくる、先進国と途上国の違い。 途上国の安い労働力が、インターネットを介して、日本の雇用にも影響を及ぼしています。僕たちは、これから、どうすれば良いのか?を考えたいと思いま …

提案がないBecauseは、Excuse(言い訳)である論

僕は、海外で子育てしています。9歳、6歳、4歳でして、タイのインターナショナルスクールに通わせています。 娘達と会話して「思考が外国人化してんじゃないか?」と心配になる時があります。 僕が、何を注意し …

子供をインター校へ入学させるメリット【前編】

海外赴任や、移住で、子供を海外に連れてきた場合、必ず悩むのが、日本人学校にするのか、インターナショナルスクールにするのか?です。 僕は子供3人を、タイバンコクのインター校へ通わせており、インター校の良 …

就活生・新卒生へ、社会人の第一歩とは「〇〇を働かせること」ですよ

僕が、新人にやってもらう最初の仕事は、パシリです。細々した買い物や、雑用事を頼むのです。 内容的には誰でも出来ることばかりですが、それを、新人がどう進めるのかを僕は見ています。パシリが出来ないと、メイ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019