アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

ミャンマーの若者「自己研鑚の放棄」

投稿日:

先日、ミャンマーに住む、ミャンマー人経営者から、興味深い話がきけました。

「スーチーさんが、いくら頑張っても、ミャンマー人が頑張らないと、経済成長はしない」と。

ミャンマーは、2013年より、軍政から民政に舵きりし、経済発展が見込まれています。ついに米国からの経済制裁も解除され、本格的に欧米企業も、進出してくるでしょう。

アジアのラストフロンティア(最後の開拓地)と呼ばれており、僕も、経済成長を信じてやまない派です。

しかし、経営者の彼いわく「ミャンマーの若者たちは働かない」と。

いくら若者人口が多くても働かないと発展は見込めない

働くことは働くのですが、仕事でストレスを感じるとすぐに辞めたり、給料の良いところを探したり「今より楽できる」仕事を探すようです。

「一生懸命働く大切さ」が、分かってないと。

 

ミャンマー華僑

彼自身、祖父母が、中国大陸からの移民、いわゆるミャンマー華僑です。

日本に留学し、若い頃は寝る間も惜しんで、働きまくり、アルバイトを掛け持ちして、多い時は月50万円にもなったのだと。

寝る間を惜しんで、働いたそうです。ハングリー精神の塊みたいな、お方ですね。

テレビ東京「未来世紀ジパング」にも、ミャンマードリームを目指す青年として紹介されていて、下記の動画03:48から、是非ご覧下さい。

『日本では、最初は安い給料でも、一生懸命働いて、経験がついてくると、後から返ってくる。それが、ミャンマーの若者には、分かってない。「目先の給料」だけで、動いているので、非常にもったいない、可哀想だ』と、嘆いていました。

自社の若い従業員から、ミャンマーの将来を杞憂するなんて、なかなか出来ることではないと思います。

 

ストレスがあれば何でも「ブラック」

僕は、これらを聞いていて、日本で、今流行りの「ブラック企業」が、頭に浮かびました。

日本の場合は「目先の給料」ではなくて「目先の自分」になると思います。

 

「目先の自分」を大切にするあまり、何かストレスを感じると「ブラック」と呼んで、自己研鑽の大切な場所から逃げてしまう。長い目で見たときに、自分で、自分の成長の機会を奪っているのです。

 

「目先の自分」ではなくて「何年後、何十年後の自分」を大切にするのであれば、「今の自分」に、ある程度は、ストレス掛けないといけないと思う。

若い時しか、寝食忘れて、一生懸命働けないと、僕も思うのです。

気合と根性のような精神論ではなく、誰にでも、自分に負荷を掛ける時期って、あると思うのです。ここで、僕の過去の激務自慢はしませんが、社会人、誰しも、一度は通るところかと思います。

僕も偉そうなことは言える立場にないですが、彼の言わんとしてることが、良く理解できました。

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中国金欲主義社会

海外で人気のある公務員の「職種」は、何かご存知でしょうか? 正解は、海関(税関職員)です。理由は、裏金で儲かるからです。 「生活が安定しているから」という生温い理由ではなく、もう10代後半から「裏金で …

誰も教えてくれない国際恋愛の5ヶ条。恋愛も戦略的に!僕の経験談付き。

「恋は盲目」もう好きになってしまったら仕方ない。 その相手がたとえ、異国の外国人であっても… かくゆう僕も、過去、外国人との恋愛経験があります。結果は、失恋しましたが、そこから得たことも大きいんです。 …

逃亡ミャンマー軍人に同情します。この「組織矛盾」は、サラリーマンだって同じ。個人としての解決策まで語る。

現代社会とは思えない状況が、我々と同じアジアの国「ミャンマー」で、現在進行形で、起こっています。 2021年4月現在、ミャンマー軍が、クーデターを起こして、それに抗議する一般市民に銃を向けています。死 …

就活生・新卒生へ、社会人の第一歩とは「〇〇を働かせること」ですよ

僕が、新人にやってもらう最初の仕事は、パシリです。細々した買い物や、雑用事を頼むのです。 内容的には誰でも出来ることばかりですが、それを、新人がどう進めるのかを僕は見ています。パシリが出来ないと、メイ …

海外駐在員だけのコミュニティは居心地が良すぎる。分断社会のどちらへ属すべき?誰も言えなことを現役商社マンが語ります。

僕は、タイの首都バンコクで、日本人サッカーチームに入っています。すごい居心地が良いのですが、最近、その理由がやっと分かってきました。   目次1 バンコクに住む日本人はマナーが良い2 良質フ …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019