アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します。英語力向上の秘策も有り。

海外ネタ

「私はアナログ人間です」は言い訳。商社マンが語る’デジタル化の真意’ こうして生存競争に立ち向かえ!

投稿日:2019年5月9日 更新日:

IT化、AI、ロボット化、自動化など、コンピュータや機械が、僕たちの仕事まで奪ってしまうと言われる時代です。人間として、いや、いち個人として、どのようにして、この厳しくなるであろう生存競争に、立ち向かえばいいのでしょうか。

結論から言いますと「デジタルを味方にして、アナログを全面に押し出す」です。これしかありません。

仕事をしていて、周りの人を見渡しても、このロジックが伝わらない・理解していない方が多いように思えます。

 

スマホが無かった時代が本当に良かったのか?

アナログとデジタルの関係をおさらいしたいと思います。アナログを辞書で調べますと

【比喩的に、物事を割り切らず、曖昧さを残しつつ理解する人のことをアナログ人間と呼ぶことがある】とありました。分かりにくいですね。

僕は、比較的、デジタル機器や、パソコンに詳しい方です。しかし、デジタル機器に弱い、特に年配者は「俺は、アナログ人間だから」と、知らないことを正当化する傾向がある気がします。

オレはアナログ人間だ

このような人達を、テクノフォビア(technophobia)と呼びます。

テクノフォビアとは、新しい技術に嫌悪感を抱いたりテクノロジーに苦手意識があったりする人、あるいはテクノロジーを今後習得する見込みがない世代の人たちのことです。英語を直訳すると「科学技術恐怖症」です。

興味を持って、新しいことを学べば、世の中、もっと便利な機器や方法は有るのですけど、そこに耳に蓋をしているんですね。素直に、取説を読んだり、ググったりすればいいのに…。

この手の人(テクノフォビア)は、デジタル化する現代社会を批判し、自分の若かった頃を思い出しては「スマホのなかった、昔は良かった」と時代錯誤しています。スマホがあった方が便利に決まってますよね。

 

アナログ人間は、人間味があるのか?

アナログ人間の方が、人間的に温かく、優しい印象を持っているのでしょうか。僕のように、パソコンに詳しく「メールの方が便利だよね。ネットあれば身近に友達いらんよね」と言うと、デジタルっぽくて、どことなくロボットみたいで体温がなく、冷たくて、冷徹に映るのでしょうか。

デジタルとは、そもそも、0と1の世界です。どこを切っても劣化しないんです。そして、デジタル化が、社会のありとあらゆるものを「ショートカット」させてくれるんです。←自称アナログ人間のテクノフォビアは、ここが分かってないと思う。

例えば、ほんの20年前は、商社の営業マンは、手書きで見積書を書いていたようです。今では考えられないですよね。当時は、習字がうまい営業マンは、それだけで得したようです。「手書きする文字は、その人の性格を表す」という考えからでしょうか。

今では、エクセルで見積作りますよね。誰が作っても同じ書式ですし、お客さんも「字が下手なので読めない」ということはないです。

手書きの見積書とメール見積の違い

では、昔のスタイル「手書き」から、現代の「エクセル化」したことで、一体何が起こったかというと、、

①見積作成時間が、大幅に短縮された。

②字が汚い人でもOK。

③計算ミスが減る(エクセルの関数使うから)

④メールで送れる。昔は郵送又は自分で持って訪問したようです。

⑤書き直し、コピーが簡単。

と「時間」が短縮されたのです。これこそ、デジタル化による「ショートカット」なのです。

 

カーナビが登場して、人間は馬鹿になったのか?

今だに「カーナビが出来て、地図を覚えなくて済んだ。便利になればなるほど人間が馬鹿になってきてる」と、ドヤ顔で言う人がいます。

申し訳ないですが、馬鹿になっているのは、これを言ってる方だけです。

紙媒体の地図で、目的地を探す時間が、ナビによって短縮されているので、その時間を、別の有意義なクリエイティブな時間に置き換えれると、考えれば良いのです。単純作業、無駄な時間は、コンピューターに処理させてると思えば良いんです。

地図で頭を悩ますのとナビの差は歴然

そこまで、頭を良くしたい(自分の脳みそ使うという意味)なら、ナビで短縮して得た時間を使って、自分で数学の問題を解いていたら良いんですよね。

僕が学生の頃、ちょうど電子辞書が流行り始めてた頃でした。しかし、ある英語の先生は「昔ながらの辞書で調べた方が、前後の単語も目に付くので良い」と言ってました。今考えると、ビックリするコメントですよね。

辞書なんて重い本を持ち歩くよりかは、電子辞書の方が軽くて良く、調べたい単語まで行き着くまでの時間は圧倒的に短くなる。その短縮した時間で、もう1つ単語を覚えたほうがいいだけです。

 

アナログ的な営業活動は最重要

デジタル好きな僕ですが、実は、僕は、お客さんや取引先の人と会う時間をとても大切にしています。顔を合わせて、Face to Faceでしか得られない情報や、伝えられないことはあるんです。まさしくこれは「アナログな部分」なんです。営業マンとして、このアナログ的な、付き合いは非常に大切です。

すなわち、デジタル化で、ショートカットした時間を、お客さんと会うアナログな時間に、変換出来るんですね。

顔を合わせた打合せは重要です

いくらAIやロボット化が進んだとしても、この人と人との関係を、空気感を感じ取りながら上手く構築するのは、人間でしか成せれない技と思います。

極端な表現をすると「デジタル化は、アナログの良さを最大限にする強烈な武器」なのです。

逆の言い方をすると、今の時代、デジタルを苦手とする人は、アナログを大切にしていない、とも取られますよね。お客さんの為に、時間を作る努力(デジタル化で時間をショートカット)をしてないわけですから。

皆さんも、様々な方法で、自分の生活を、デジタル機器を使ってショートカットし、アナログに使える時間を増やしましょう。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今だと何が儲かりますか?現役商社マンが答えます。仮想通貨ではなく◯◯投資ですよ。

僕は、子供をタイのインターナショナルスクールに通わせています。しかも3人です。1人当たり年間100万円近く費用が掛かります。 僕ぐらいの平均的なサラリーマン家庭では、かなり背伸びしている方だと思います …

留学は就活に有利?それ違います。「抑圧された衝動」と向き合いマインドリセットすべし

僕は、学生と話す機会があると、必ず「留学」を勧めています。語学習得とか、就職に有利とかは、二の次で、それより大切なのは、感受性の高い時に「異文化に触れること」なんです。 僕がこうして投稿書いてるのも、 …

現役商社マンが見た「グローバル社会の現実」これから僕たちはどう働くべきなのか?【海外ネタ012】

海外商社で働いていると、色んな国の見積を目にします。見積とはビジネス上の請求書です。 商社マンは、皆、営業マンですから、どれだけ見積もりを作って、その中の、何件の仕事を成約できるかが勝負です。 よって …

インター校の落とし穴!英語ペラペラの代償は大きいのか?【後編】

※前編よりお読みください 《古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音》 松尾芭蕉の有名な俳句ですね。僕たちが、この俳句から想像するのは 夕日に照らされた1匹の蛙の影が池に映っている 静かな池に、蛙がチョポ …

ミャンマーの若者「自己研鑚の放棄」

先日、ミャンマーに住む、ミャンマー人経営者から、興味深い話がきけました。 「スーチーさんが、いくら頑張っても、ミャンマー人が頑張らないと、経済成長はしない」と。 ミャンマーは、2013年より、軍政から …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 よろしくお願いいたします。 ▼Twitter https://twitter.com/SHITSUCHO2019 ▼YouTube https://www.youtube.com/channel/UC1FUGS_exqCkwfewuyxxN-A ▼VALU https://valu.is/liang