アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

タイ駐在員の生活コストとは?自宅も全て公開します。現地採用をお勧めしない理由も。

投稿日:2020年4月19日 更新日:


駐在員って、日本の給料プラスαもらいながら、物価の安いタイで生活してると、お金も貯まるんでしょ?と思われがちですが、意外に、そうでもありません。

途上国のタイだからといって、生活費が安く済むかというと、そうではないのです。なぜなら、僕の生活水準が「日本式」だからです。タイで、日本式を貫くと、生活費が高くつのです。

例えば、日本に移り住んだアメリカ人が「アメリカみたいな大きな庭が欲しい」と、アメリカ式を貫くと、高くつくのと同じかもしれません。

我が家の、タイでの生活コスト、自宅(動画付き)を、全て公開します。

■こんな方にオススメ

・将来駐在員を目指している

・海外移住も視野に入れている

・室長の私生活が気になる

 

タイ人の生活水準

普通のタイ人が住む家は、湯船もないですし、冷水シャワーだけでお湯が出なかったりします。料理も作らない(基本は買って帰る)ので、キッチンも貧弱です。電気コンロが1つあれば良い方です。

お湯が出ない

年間平均気温が30度にもなりますが、空調がない部屋も平気にあります。その辺の道端では、100円以下で腹一杯、タイ飯が食べれますけど、それを毎日は続けれないんです。やっぱり日本食が恋しくなります。

タイ人の生活を、まとめますと、

・冷水シャワーのみ

・軟弱電気コンロ1つ

・ウォシュレット無し

・冷房無し

・不衛生なタイ飯

・子供を地元タイ公立学校へ通う

このような、戦後まもないぐらいの生活水準に耐えながら、駐在員出来れば、お金は貯まると思いますが、さすがに厳しいです。

 

タイ人並みの生活を半年経験

僕は、2011年、タイで働き出した時、まだ家族を呼び寄せてなく、1人でした。大学生の頃は、バックパッカーしたり、中国留学したり、ワンダーフォーゲル部に入ってましたので

室長
室長
俺は、他の日本人と同じような贅沢はしない。タイ人と同じ生活やるぞ

と息込んでました。

半年ぐらいは、タイ飯ばかり食べてました。食事が楽しくなかったのです。食事中も、スマホを触りながら、口に入れる不味いタイ飯をなるべく見ないようにしてました。いつしか食事が「栄養補給するため」になって、苦行になっていました。朝ごはんも食べなくなりました。体重も減りましたね。

タイ飯はまずい

当時、仕事を極限まで詰め込んでたのもあり、精神的にも参ったしてました。ひとりタイ飯を食べながら、ポロポロ涙が出てきたのです。

室長
室長
なんで、タイに来て、こんな苦労してるんやろ?

と口から独り言が出ました。「給料も、そこそこあるのに、なんで、ここまで倹約してるんやろ?」と疑問に思ったのです。

次の日から、食事だけは、全て日本食になりました。それが今でも続いてます。

そんな日本食ばかり食べる僕を見て、出張者や旅行者は「タイ飯も美味しいじゃないですかー。室長さんは贅沢だなぁ」と言ってきますが「半年間、タイ飯食べ続けてみろ。ゴミにしか見えてこんから」と答えてます。

 

1ヶ月生活費

僕、嫁、子供3人の月々生活コストは、下記となります。1バーツ3.3円計算

■会社補助を含まない場合 → 56万円/月

住宅 132,000円 2ベッドルーム
水道電気 16,500円 電気代高い
食費 115,500円 基本日本食
通信 15,000円 ネット代、携帯
学校 206,000円 インター校
公文 46,200円 5教科
その他 33,000円
合計 564,200円

自分でまとめて思ったのですが、教育費が高くて、全体の4割近くになってます。日本だと公立小学校では、ほぼ掛からない費用ですよね…

 

■会社補助を差し引いた実費 → 31万円/月

住宅 0円 2ベッドルーム
水道電気 16,500円 電気代高い
食費 115,500円 基本日本食
通信 5,000円 ネット代、携帯
学校 96,300円 インター校
公文 46,200円 5教科
その他 33,000円
合計 312,500円

住宅費、携帯代、学校などの会社補助があるので、やっていけているようなものです。駐在員という立場で、海外進出しないと生活は相当キツイということです。

よく「タイは、月5万円で生活できます」みたいな情報がネットに溢れていますが、それは、独身 + タイ人生活水準、という条件を満たした場合だけです。断言しますが、ほとんどの人が該当しません。

上記には、一時帰国費、VISA費、iPhone買換え、日本側の固定費(住宅ローン、健康保険等)などは、含まれていません。不定期的に発生する費用も入れるとバカになりません。

結論、現地の人と結婚するぐらいでないと、現地での生活は、甘くないと思います。

 

住宅

6階建てのアパートに住んでいます。家族5名で100平米は狭いほうだと思います。家賃4万バーツ(約13万円)は、外国人が住むところとしては、安い方です。立地もそこまで良くありません。ト○タや、ホン○の駐在員ですと、ここより、倍以上のところ(30万円近い)に住んでいます。

廊下がやけに長くて、100平米といっても、狭く感じてしまいます。

日本と違って、プールとジムがあるのは良いですね。

駐在員のアルアルなのですが、大家から、2枚の契約書を作ってもらう方法です。会社補助が5万バーツ出るのであれば、実際は4万バーツのところに住んで、大家には偽の5万バーツの契約書を会社に提出して、差額の毎月1万バーツをせしめるのです。

僕はやってないですが、周りにはチラホラいますね。会社にバレたらどう説明するんだろう?とは思いますが…

 

食費

日系スーパーがあり、日本食品は何でも手に入りますが、とにかく高いんです。スーパー側も足元を見ているわけでなく、輸入コストや、賞味期限切れのリスクなど、考慮すると、それぐらいの価格にならざる得ないんですね。

納豆 約220円

納豆は日本人の心ですね

色んなブランドがありますが、ほとんど輸入でして、3パック入りが、日本より2〜3倍します。納豆だけは、無性に食べたくなる時がありますよね。タイで作っている安いのもなくはないですが、不味くて食べれたもんじゃないです。

豆腐 約230円

日本の倍以上

味噌汁や鍋物に欠かせない豆腐。これも高いけど、必要なので買ってます。

 

日本のお酒 約3倍

品揃えは良いが高い

僕は、お酒飲まないですけど、日本酒や焼酎などは、3倍が普通です。タイ産のビールなどは、格安なのですが、日本のものを飲むと高くつきます。日本へ出張すると、会社の命で、よく、接待用の焼酎をハンドキャリーさせられてます。

 

学校

子供には、インターに通わせています。年間100万円〜70万円ぐらいです。これでも安い方でして、バンコクのインター学費ランキング100校で、安い方から数えて6番目です。

日本人学校もあるにはありますが、日本政府が拠出しているわけではなく私立です。学費もそこそこ高いのです。入学金が、53万円。授業料が、年間48万円です。これに毎月バス代が掛かってきます。

2020年度 バンコク日本人学校 学費

タイ人が通う公立校も、見学しましたが、平均的な日本人にとっては、キツイと思います。トイレ環境、食事内容、カリキュラムなど日本より断然劣ります。タイ語を覚えられるチャンスなのですが、それよりも失いものが多すぎます。

駐在員ですと、インター校や日本学校に通わせると、会社が補助してくれるのですが、それが無いと、子供を学校に通わせるのは金銭的にも無理と思います。

 

習い事

日本人が通う、公文、これも高いです。1教科あたり3割増しです。子供3人を通わせてまして、月々5万円近くの出費です。子供の為にも、ここは削れませんよね。

日本(東京以外) タイバンコク
小学生 7,150円 9,240円

パーソナルトレーニングも、トレーナーが日本人だと、ライザップまではいかないですが、週2回で、2ヶ月20万円ぐらいします。それで痩せれるなら安いのですが、日本にあるノーブランドのパーソナルジムに通う方が、断然安くつくと思います。

BODIK(僕もお世話になりました)

 

入場料

タイにある、動物園や、水族館などには、外国人価格が露骨に存在します。外国人だということで、タイ人より割増価格なのです。観光立国ですから仕方ないのかもしれません。外国人価格が、高けりゃ、行かないまでです。

左が外国人価格、右がタイ人価格

いやらしいのが、タイ人価格は「タイ語表記」なのです。数字で表記していると、外国人にもそれとなく分かってしまうからです。日本で例えると「入場料 五百円 / Admission fee 1,000Yen」と書かれている感じです。外国人は、漢数字の「五百円」が読めないのです。

駐在員であれば、労働許可証があり、それを提示すれば、本人はタイ価格になりますが、うちの場合は、嫁や子供の分は外国人価格が適応されるのです。

 

日本人が絡む商品は高い

日本食や、日本人学校、日本人パーソナルトレナーなど、海外で日本人が絡む商品はどれも高いのです。絡むとは、そのサービスを作る側の話です。

それなりの日本食を食べたければ、料理長は日本人であることが多いですし、日本人学校も、先生は日本人です。パーソナルトレーナーも日本人ですよね。

何でも高い

先にも述べましたが、日本人が海外で、生活するには、日本より高くつきます。住居や食品などですね。駐在員である僕の給料や手当も高いんです。それは裏返せば、

日本人の海外維持コスト(給料)が高いので、彼ら日本人が絡む(生み出す)商品には、それなりのコストを転嫁しているとも言えるのです。

駐在員の労働力は高い

マルクス経済的(労働価値説)に解説しますと

おにぎり1つの価格は、それを作り出すためのコストの積み算です。それは、労働力+原材料の合計で示されます。この労働力とは、従業員の給料です。給料とは、従業員が、平均的な生活が送れる金額(コスト)となります。この従業員とは、タイに住むコストの高い駐在員を指します。結果、日本人が絡む商品が高くなるのです。

結局、何が言いたかったかというと、

日本式の生活を海外で送りたいなら、それなりのお金がかかる。駐在員か経営者しか、そんな生活は維持できないんです。現地採用(海外に出てきて、現地で仕事を探す)で働くなら、日本の平均以下の生活を覚悟しないとなりません。

海外で働きたい!海外ビジネスに興味がある!という軽いノリで、家族連れて、海外に出てくると厳しい現実がありますし、タイ人女性が好きになって、今の仕事を捨てて、タイに来たところでも、待っているのは「平均以下の生活」です。エンゲル係数も高くなる。納豆や豆腐が食べれない生活はキツイですよ。

生活水準は上げることはできても、下げることは、なかなかできないってことです。

 

※追記

本投稿を読まれた食品会社に勤める先輩から「食費が高いね」と、食材をいただくことになりました。ありがとうございます!ブログでは収益ゼロでしたので、初めての「収穫」となりました。

See you tomorrow.

-海外ネタ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【雑学】国旗から世界を見る ※追記有り

小学2年の長女が、国旗や世界地図に、興味を持ってきたので、本を買い与えました。しかし、彼女の質問に、僕はタジタジなのです(笑) 目次1 娘の素朴で且つ難解な質問2 変化する国旗も…3 【追記】もっとあ …

いつまでも「愛し合う」欧米人的価値観

先日、タイのビーチリゾート地、パタヤに遊びに行きました。 ここでは、ヨーロピアンの老夫婦がよく目に付きます。60歳も過ぎた夫婦が2人で、ホテルのプールにいたり、ビーチにいたりです。リタイヤして移住して …

東南アジアで「怠け者」が量産してしまう理由。対極にいるのが、四季のある日本です。

東南アジアは「だらしない人」が多いのです。 それは、気候や食生活が影響していると思うのです。 僕は、海外業務に従事して、10年以上になります。それなりに、色んな国に行って、色んな人と仕事もこなしてきま …

「つまらないもの」を受け取るべきか?海外生活で学んだ1つの真理

あなたに【質問】です。 もし、あなたの嫌いな食べ物を「どうぞ召し上がれ」と、差し出されました。どうしますか? ・ ・ 遠慮する?しない? ・ ・ 「相手の好意を無下にできないので、とりあえず受け取る」 …

格差のもとは教育である。海外と比較しても日本は平等にチャンスがあり、これを活かさない手はない(室長の過去話付き)

どうしてそんなに子供の教育にお金かけるのですか? と、身近な人から尋ねられました。 なぜなら、格差のもとは教育にあるからです。子供には、格差社会で生き残って欲しいという親心からです。 時間があれば、子 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019