アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

室長イチオシ流行語「タイムパフォーマンス」皆さん、タイパ意識してますか?

投稿日:

「倍速ニッポン」という、日経の記事が面白いです。

今の若者は、動画観るにも、音楽も、話すスピードも何もかも速く、それは、タイムパフォーマンスを意識しているからだと。

タイムパフォーマンス

かけた時間に対する効果、すなわち「時間対効果」のこと。 かけた費用に対する効果(費用対効果)を意味する「コストパフォーマンス」の「コスト」を「タイム」(時間)に置き換えた造語。

ボクが、高齢者の話を聞くのが苦痛に感じるのも、ここにも原因がある気がしました。

彼らの話すテンポが遅かったり、同じことを繰り返す傾向にあるので、聞いてるこちらのタイパが悪いのです。

 

目次

時代とともに音楽が高速化

音楽でいくと、イントロの長さが短くなってます。

ダラダラと冒頭のイントロを聴くのが我慢できない、早く歌え、という事でしょう。

ボクの娘たちが聴いている現代音楽は、アニメ基調な、いわゆる、畳み掛けるような、こんな早口音楽です↓

ボクが、90年代のミスチルなどを流すと、

娘
パパの聴く曲は、遅くてゆっくりしてる

と言われてハッとしました。

ボクの親の世代のメインは演歌ですが、ボクからするとスローテンポ過ぎるのですが、親世代からすると「90年代J-POPは早口」なのかもしれない。

すなわち、世代が若くなればなるほど、聴いてる音楽が高速化しているのです。

演歌 90年代J-Pop 現代早口音楽

YouTubeでは「ジャンプカット」という編集方法が一般化してまして、しゃべり手の0.5秒の間隔ですら、編集でカットしてます。

ボクは早口な方ですが、それでも、他のYouTuberからジャンプカットを勧められましたね。視聴者のタイパを追求してあげてるんですよ。

NHKアナウンサーが、1分当たりに話す、単語の数は、増えてきてるようで、それだけ、社会全体が、高速化して「時間に追われてる」ってことですね。

 

高速化は誰にも止められない

この倍速化の流れは決して逆戻りしない、止めれない不可逆的な現象なわけです。

であれば「自分は、どっちに振れてるのか」を、常に意識しないといけません。

コンテンツを作る際に、若者に刺さるように倍速とするのか、そのうえの年代に対してなので通常速度にするのか。又は、タイパを意識せずに、あえて、癒し系で、ゆっくりなテンポの音楽とするのか?などなど。

速度計算が必要な時代

商品企画や、コンテンツクリエイターは、これらを意識をしないと、売っていけない時代になるでしょう。

1番ダメなのは、どっちにも振れてない(遅くとも、速くともない)中途半端な、商品なんですね。

「タイムパフォーマンス」これは流行語大賞にしたいですね。時代に即した、とても良い新出単語です。

ボクの投稿も「文字が無駄に多く、タイパが悪い…」と思われないように注意が必要ですねw

See you tomorrow.

-よもやま話
-,

執筆者:


  1. […] いものを選んで観るようにしてます。タイムパフォーマンスを意識してるわけです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

88万円PayPay不正利用被害に遭いました【後編】

2018年12月、僕は、PayPayの不正利用の88万円の被害に遭いまして、翌月2019年1月のカード引き落とし時に気付きます。 ※前編をご覧になってない方は、先にこちらからどうぞ。動画解説もあります …

副業、勉強、趣味、仕事忙しくて諦めている人に伝えたい1つの事実

仕事が忙しくて、副業したり、勉強したり、好きなことが出来ずに悩んでいる人は多いと思います。僕もその一人です。 何に自分の「元気玉」を使っているのか?という視点で、今の生活を見直しすると、時間や体力は生 …

将棋を覚えると、人生イージーゲームになります。現役商社マンが実体験を語ります。

結論から言いますと 将棋を覚えると、人生イージーゲームになります。 なぜなら、 局面を自分の思い通りに動かせるようになるからです。 順を追って説明してきますね。 僕は、東証一部の専門商社に勤めています …

2020年読んだ本で1番良かったもの

室長新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。 今年の目標は、、 と述べたいところですが、本投稿の最後にしますね。   目次 おすすめ書籍は? 昨年1年を振り返って、1番 …

現代人に訊きたい。何を求めて生きるべきなのか?ボクは真剣に考えました。

もう39歳のオッサンです。健康寿命が80歳だとすると、もう半分、折り返し地点ですね。 リンダ先生の名著「ライフシフト」に学んで、第二の人生(後半戦)に向けて動き出したい。 目の前の仕事に忙殺されて、時 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019