アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します。英語力向上の秘策も有り。

海外ネタ

華僑の教え「頭の中までは盗まれない」

投稿日:

僕が、2004年に留学していた頃、華僑の友達ができました。

恥ずかしいのですが、彼らと会うまで、僕は「華僑」という言葉の意味を知りませんでした。

華僑とは、中国以外に住む中国系の人たちを指します。

共産国である中国は、毛沢東時代の文化革命、計画経済の失敗による大飢饉など、不遇の過去を持っています。

当時、沢山の中国人が、中国から逃げ出し、周辺国に移り住んだのですが、彼らが主に華僑と呼ばれるようになりました。

 

全世界に6,000万人もいるようで、世界の人口ランキングだと25位ぐらいの規模です。

その華僑の70%がアジア圏に住むと言われており、東南アジアでは、華僑がいないエリアがないぐらい多いです。

彼ら初代華僑は、裸一貫からのし上がった人たちばかりです。

移住先の言葉も話せない、土地や人脈もない、信じられるのは自分と家族だけ、

そんな不利な状況下で、努力し、代々にわたって、経済力をつけてきたのです。

すごいハングリー精神だと思います。

華僑の友人から教えてもらったのは『頭の中までは盗まれない』です。

成功した華僑は、他国で住んでいることから、そこの自国民から、嫉妬の的にされることが多いのです。

急に、政権交代して、国をあげて華僑への嫌がらせ(課税など)されると、彼らは直ぐに不利な立場となります。

しかし、彼らは、そんな非常事態にも動じません。

知識や経験など、頭に入っているものは、自宅に泥棒が入ろうが、地元政府に嫌がらせされようが、他人に渡ることは絶対にない、と理解しているのだとか。

だからこそ、自分の子供たちへの教育には熱心なんです。これは素晴らしい発想だと思います。

 

で、僕もこれを少し見習っています。

僕の子供たちはインターナショナルスクールに通っています。三人ですよ。

お金がいくらあっても足りないです(会社の補助があるから行けるようなもの)

僕は、一軒家やクルマ、海外旅行が、欲しいと思いません。同世代が、持っていても気になりません。

何故なら、僕が、もし将来、お金持ちになって、不動産や高級外車、ブランド物、株券を持てたとしても、それを子供達に相続すると、高い相続税(最高55%)が掛かりますよね。

そんなモノを持つのであれば、そのお金を、全額子供の教育にぶち込んだ方が、投資効率は良いのです。

子供たちの頭に入った資産(知識や経験)に、相続税は掛かりませんよね。

それらは盗まれもしませんし、一生のカネの成る資産となる可能性が高いんです。

ここが、華僑の考えと同じなのです。

僕は生命保険にも一切入っていません。

もしもの時の為に、掛け捨てで、お金を費やすのであれば、そのお金で、自分の子供たちに、良い教育を受けさせた方が良いと考えているからです。

なぜなら、生命保険で、数千万円が、妻や子供に残ったとしても、彼女たちが、お馬鹿だったら、そのお金を無駄に使って終わりですよね。

僕が亡くなった後に、子供たちに、魚(お金)を残してあげるのでなく、魚の釣り方(稼ぎ方)を残してあげる方が、彼女たちにとってはお得なのです。

将来、彼らが、成人して、それなりの家庭を築いたり、食うに困らないようになれば、実は、生命保険で、現金を残すより、トータル利回りが高いと思うのです。

しかも、子供たちの時代は「人生120年」かもしれません。

それだけ人生が長いのですから、人生の質を上げられる教育や教養が、最も重要なんですね。

■人生80年時代(いま老後の世代)

20歳までに教育を受ければ、その教育によるリターンを、60年間受け取れる。

■人生120年時代(いま子供の世代)

20歳までに教育を受ければ、その教育よるリターンを、100年間受け取れる。

→今と昔で、例え、同じ教育を受けたとしても、寿命が長い今の時代の方が、リターンを得る期間が長い。

だとすると、教育を受ける価値が、相対的に高くなっているとも言える。

結論としては、

一軒家やクルマを買うより、掛捨て生命保険に入るより「良い教育」を受けさせるべきなのです。

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホリエモン祭は、情報弱者の集まり!?参加してきた率直な感想です。

先週、ホリエモン祭シンガポールに、行ってきました。 堀江貴文さんが登壇 結論から言うと「もう一回でいいや」です。 ホリエモン祭に興味がある方や、特に「意識高い系の方」に届けばと思います。 ホリエモン祭 …

現役商社マンが語る ‘商社ビジネスの裏側’

僕への質問で1番多いのが「いったい、何してるんですか?」です。 はい。僕は、中堅の専門商社に勤めています。東証一部上場企業です。 本社勤務をしていましたが、海外赴任を命じられて、タイバンコクに海外勤務 …

【最前線】ミャンマーの就活とは?これは勿体ない。ビジネスチャンスだとも思います。

ミャンマーの就活事情から見えてくる、先進国と途上国の違い。 途上国の安い労働力が、インターネットを介して、日本の雇用にも影響を及ぼしています。僕たちは、これから、どうすれば良いのか?を考えたいと思いま …

留学は就活に有利?それ違います。「抑圧された衝動」と向き合いマインドリセットすべし

僕は、学生と話す機会があると、必ず「留学」を勧めています。語学習得とか、就職に有利とかは、二の次で、それより大切なのは、感受性の高い時に「異文化に触れること」なんです。 僕がこうして投稿書いてるのも、 …

「私はアナログ人間です」は言い訳。商社マンが語る’デジタル化の真意’ こうして生存競争に立ち向かえ!

IT化、AI、ロボット化、自動化など、コンピュータや機械が、僕たちの仕事まで奪ってしまうと言われる時代です。人間として、いや、いち個人として、どのようにして、この厳しくなるであろう生存競争に、立ち向か …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 よろしくお願いいたします。 ▼Twitter https://twitter.com/SHITSUCHO2019 ▼YouTube https://www.youtube.com/channel/UC1FUGS_exqCkwfewuyxxN-A ▼VALU https://valu.is/liang