アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

海外ネタ

お得な海外ホテル利用ここだけは押さえよう!最前線

投稿日:

僕は10年近く、海外業務に携わっている商社マンです。毎月どこかの海外ホテルは利用しています。

そんな僕が、お得に海外旅行、出張をするための、8つの「お得なホテル利用方法」を伝授させていただきたく思います。

快適なホテル利用を目指そう

 

①不利な為替レート

支払いは、カードで済ませる人が多いと思います。しかし、あなたの持っているカードは、日本で発行された、日本の銀行口座から、日本円で引き落とされると思います。その時、注意が必要なのは、カード会社の設定している「為替レート」なのです。

海外ホテル → 日本カード会社に、現地通貨で請求をあげるのですが、その際は、カード会社が、現地通貨から日本円に両替しており、その為替レートが、通常より高く(利用者が損します)なります。

マイナー通貨ほど、手数料が高いのです。日々の流通量が少なく、為替が上下しやすいので、カード会社も「為替リスク」をみるために、当たり前とは思いますが…

先日、パキスタンルピーの為替で、ビックリしたのが、実勢レートより、15%も手数料が掛かるのです。10万円使うと、カード会社に、手数料1万5千円です。

どう対処するかというと、カードを使わずに、現金を現地通貨に両替してしまうのです。紛失などのリスクはありますが、15%も取られるなら、、と僕は考えます。両替もなるべく「現地」で行うことがお勧めです。

 

②ランドリーサービスを信じるべからず

洗濯サービスがありますが、いつも衣類が紛失します。黒の靴下をランドリーに出して、返ってくると、別の宿泊客の黒の靴下なのです。

どこの高級ホテルでも同じミスが良く起こります。

どうすべきかというと、自分の衣類を、写真に撮っておくのです。衣類をベッドに並べて一枚撮ります。そして、もし衣類が変わったり、無くなったら、その写真を証拠に、ホテルへ弁償を求めます。

毎日の写真は、手間ですが、防衛策としては必要です。僕は、過去、靴下が50ドルに化けたりしました。笑

紛失、間違いは、当たり前

しかし、ランドリーサービス自体の料金が高いので、要注意です。

海外出張でしたら、経費精算出来るように「ランドリー代を、宿泊料に加えて、領収書を発行してください」と言うのも忘れずに。何も言わないと、普通は、宿泊代とランドリー代は別々で請求されます。

チェックアウトの前日にランドリーに出すと、間に合わないこともあるので、最終日には出さないようにしましょう。

 

③隠れた新聞サービス

日本人が多く泊まるホテルだと、無料で、日本の全国紙を、部屋に届けてくれたりします。

しかし、こちらから言わないと、サービスしてくれません。

新聞サービスは、ホテル予約票にも、書かれることは少ないので、チェックインの時に「日本新聞のサービスはありますか?」と、聞くだけ聞きましょう。

 

④2枚目キーカードをもらう

どこのホテルも、キーカードを、部屋のカード入れに挿して、部屋の電気が、ONする仕様です。

これだと、自分が部屋から出ると、エアコンが切れたり、スマホが充電出来ないなど、案外不便なのです。朝食を食べに出たり、ビーチに遊びに行ったりして、部屋に戻って、エアコンかかっていた方が良いですよね。

必ず2枚もらおう

1枚目:自分が常に携帯

2枚目:部屋のカード差込口に差しっぱなし

また、家族など、複数人で同じ部屋を利用するときなど、カードは複数枚あった方が便利です。

2枚目カードは、頼んだら必ずくれますので、是非、もらいましょう。

 

⑤アゴダ価格確認

アジアを中心としたオンラインホテル予約アプリ「アゴダ」

実際に、ホテル窓口で支払うより、アプリ経由の方が安いことが多いのです。必ず確認しましょう。

早く予約すれば、安くなる訳でもなく、アゴダは、余った部屋を、原価割れぐらいまで安く(50%割引)して、宿泊日の直前に、セールしたりします。

アジアを中心としたオンラインホテル予約可能

渡航先の地域だけ決まっていて、特に、ホテルにこだわりがなければ、事前にアゴダに登録しておくと、セール情報がガンガン入ってきます。

そうすると、セールで安く、そこそこのグレードのホテルが取れたりします。例えば「バンコク」と地域を絞ると、その辺りのホテル情報もたくさん入ってきて、現地に行く前に、そのエリアに詳しくなったり、旅のワクワク感も増しますよね。

 

⑥ジョイナーフィをご存知ですか?

ジョイナーフィ(Joiner Fee、通称:JF)とは、タイなど東南アジアにあるホテルの「女性持ち込み料」のことです。

ゴーゴーバーなどで連れ出した(お持ち帰りした)女性を自分の宿泊しているホテルの部屋に招く際に、ホテルによっては、ジョイナーフィといった入室料金を請求してくるところがあります。

家族で泊まる際は、もちろんジョイナーフィは発生しません。笑

これが意外に馬鹿にならないのです。1回2千円などかかります。領収書は発行されませんので、お客様を接待したり、替わりにホテル予約する際には、JFが発生するかは確認しておいたほうが良いです。

ちなみに、日本のホテルでは「1名あたり1万円」など、1人あたり宿泊料がいくら?となりますが、海外のホテルでは「1部屋あたり2万円」など部屋換算で料金請求されます。

このジョイナーフィーは、日本のホテルと同じ(宿泊人数に対してかかる)と言えないこともないです。

 

⑦貴重品管理

ホテルには、貴重品を入れる、小さな金庫があります。

普通は、現金やカード、パスポートなどを入れると思いますが、僕は使いません。以前、金庫の暗証番号が分からなくなって、ホテル従業員を呼んだのですが、彼らは直ぐに開けてしまいました。

ホテル従業員は簡単に開けられる

要は、ホテルの従業員は簡単に金庫を開けることができるのです。金庫なので、そこに貴重品があるのはバレているため、そっちの方が、不安全だと僕は考えています。

よって、外出する際に、貴重品は、スーツケースに入れておいて、そこに鍵をしておきます。さすがに、従業員が大きなスーツケースを外に持ち出して、、というのは難しいはずです。

 

⑧ホテル無料Wifiは期待しないで

ホテルの無料Wifiは、スピードがむちゃくちゃ遅かったりします。YouTubeもみれないぐらい。

これはホテルの問題でなく、その地域のネット速度や、利用者が多くなると渋滞してしまうので、クレームしても仕方ありません。使いたい放題ポケットWifiを持ち込むことをお薦めします。

最近は、だいぶん改善されていますが、それでも期待するのは禁物です。

 

豆知識は、以上となります。あなたの海外旅行が、少しでも快適になることを祈っています。

See you tomorrow.

-海外ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

就活事情が全く異なる世界の優秀な学生達

海外で仕事していると、現地人の能力の高さに驚かされます。 僕は、日本最大手T自動車に出入りしています。T社は、中国、インド、タイ、パキスタンなど現地工場を持っており、僕は、そこで生産設備を導入する(販 …

高収入というだけで、就職先を決める愚かさ。お金が欲しいですか?僕は違います。欲しいのは◯◯です。

  「高収入だから」と仕事を選ぶのは効率が悪いんです。 なぜなら 僕たちの目的は「お金」にあるのでなく「満足」にあるからです。 ↑これだと何言ってるか分からないと思いますので、深堀していきた …

ホリエモン祭は、情報弱者の集まり!?参加してきた率直な感想です。

先週、ホリエモン祭シンガポールに、行ってきました。 堀江貴文さんが登壇 結論から言うと「もう一回でいいや」です。 ホリエモン祭に興味がある方や、特に「意識高い系の方」に届けばと思います。 ホリエモン祭 …

20代ならこれ絶対やっとけ!36歳商社マンが振り返る優先順位

もし、あなたが、20代であれば、パスポートを取得して、海外に出てください。大学生なら学生証も忘れずに。 なぜならば、 今しか時間がないし、今しかその特権がないからです。 少し先輩である僕の経験をもとに …

【永久保存版】商社マンが教える5つのビジネス英語術

海外で働くことになると、まず困るのが「言葉の壁」です。 プライベート旅行であれば、いい加減な英語でもいいのですが、仕事であれば、業務上の指示には、ミスが有ってはいけません。 僕は「大学は出たけど、英語 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019