アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

おもんない奴が、一気飲みを始めるんです。

投稿日:

会話もせずにただ「飲め飲め」というのは、人への興味というより、女性の容姿にしか興味がないと思うんだよね。女性にも「人」として興味を持って会話するほうが、酒は楽しいんじゃないか、という気がするね(記事抜粋)

↑超同感です。DMM亀山会長、ほんと良いこと言いますよね。

僕は、過去、一気飲みを強要されたことは、山の数ほどありますが、自分から他人に強要したことは、一切ないです。

皆さんも、よーく、思い出してみてください。

一気飲みを始める人は、つまらない人なんです。関西弁でいうと「おもんない奴」なのです。

 

目次

面白い話はどこかにある

どんなメンツでも、どんな雰囲気でも、酒の場での「面白い話」は、どこかに、あるはずです。

仕事の堅い人だけだったら「仕事ネタの面白い話」を、男友人だけであれば「下ネタの面白い話」を、女性も同席してれば「紳士的な面白い話」などです。

一気飲みはダメ

それら、なーんにも、面白い話が出来ない人が、その場をシラけさせないために(時間稼ぎのため)に、一気飲みを始めるのです。

僕は大阪出身で、それなりの笑いの激戦区を生き抜いてきました。

大学祭の時、一人芸をして、ガレッジセールのゴリさんから「君は面白い」と表彰されて、ガレッジセール特別賞を貰ったのは、一生の勲章です。これガチ自慢話ですw

 

「笑い」の英才教育中

うちには、10歳、8歳、5歳の3人の子供がいます。僕と妻は、どちらも大阪出身です。しかし、子供たちは、タイのバンコクで育ちでして、「笑い」を求められない環境にいます。

面白い話ができない子供に育つのでは?と心配していまして、夕食後に、コント大会をしたりしています。

子供にコントを強制

「今日あったこと」から、各自が面白いネタを披露するのです。

もちろん、父親である僕が、手本を見せて、子供達にも考えさせるのです。ここでは、人前で話す訓練だけでなく「笑わせる」ことを学ばせています。

5歳の息子の即興コントでも、それなりに笑えたりします。笑えなかったら、どうやったら面白くなるかもアドバイスしてあげます。

そこで、滑っても良いし、それはそれで、家族間で、「面白くない」と、笑えあったら、幸せな気分になりますよね。

 

結論:一気飲みに逃げるな

冒頭の話に戻ります。一気飲みに逃げているようでは、ダメなんです。それは、おもんない奴の典型的な行動です。

関西で「おもんない奴」ってのは、いくらイケメンでも、勉強や運動できても、最下層になりますからね。

See you tomorrow.

-よもやま話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネタを持つ魅力。初トライアスロンを考える④

室長今度、トライアスロン参加します と、色んな所で、話していて、ある事に気付きました。 トライアスロンはネタになるのです。 僕にとっては、かなり重要なことなので、ここは詳しく説明します。 トライアスロ …

格差問題は、未来永劫、解決しない。結局は、中国もアメリカも、同じ問題を抱えている論。

15年前に、上海留学してた時、池上彰さんの「わからなくなった世界情勢の読み方」を、持っていってました。 鄧小平による改革開放により中国は発展。社会主義的資本経済という、政治は共産党、経済は自由という、 …

円周率を100桁暗記しました。そんなの意味あるの?

円周率を求めた古代ギリシアのアルキメデス 円周率:3.14159 26535 89793 23846 26433 83279… 7歳の息子と、円周率100桁の暗記勝負をしました。2日目で、 …

大会当日に「真面目バカ」を思い知った。初トライアスロンを考える②

前回読んでない方は、こちらを先にどうぞ。 初トライアスロン大会。当日朝も気持ちはノリませんでした。 理由は、浮きを着ける罪悪感からです。 溺れるのが怖くて、腰に浮き輪を着けることに決めたのです。 別に …

インドの車窓から京都の鳥居まで

今回は、アジア各地の道路事情についての雑学です。 アジアに旅行されるときに「道」について、見る目が少し変わるかもしれません。気軽に読んでいただければ幸いです。 目次 インドの道路は最悪です 僕は、去年 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019