アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

女性こそ数学を勉強するべき理由

投稿日:

僕が小学2年生の時、

室長
室長
どうやったら割り算の答え分かるの?

と、オカンに聞いたことがある。

例えば、38÷5= ??

余りがでるのですが、はじめに「7」を、どうやって見つけるのか、分からなかったのです。

当時、オカンは、

母親
母親
勘やわ

って答えてました。これは、質問の答えになってないのです。

オカンは、頭の中では、何となく5×7=35だから、7だろうってのは出来ていたと思う。

でも、それを言語化して、理論立てて、説明出来なかったのです…

物事を順序立てる=算数

僕も、大人になって、仕事、SNS、プライベートで、色んな人と接して分かったのは、オカンのような、数学が苦手で、物事を順序立てて考えれない人が、一定数いるんです。

見下してるわけじゃないですよ。「出来てない」という事実を言ってます。

僕は「数学の苦手な女性は、低収入に陥る」という仮説を持ってます。

グローバル社会で生き残るには、まず数学です。断言します。

オカンや、うちの嫁が、そうだったのです。彼女たちは、なぜか、低賃金である、飲食店、美容師、販売員などに、吸収されてしまうのです。

逆に数学さえできれば、プログラマー、研究員など男性に負けない分野に進めるのです。

なので、自分の娘たちには、意地でも、数学得意になって欲しいんです。

今晩も、このブログを書きながら、娘の「算数の先生」を同時並行で、やっております。

See you tomorrow.

-よもやま話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

80年代と現代が決定的に違うのは「個人が生産設備を持てた」こと。「個で生きる」おすすめ書籍5選。

「受験大国にっぽん」その時カメラは回っていた。 1980年代に放送されたNHK番組を、今振り返るという番組を見ました。 「受験大国にっぽん」 日本人の実像に発掘映像で迫る。 出世競争を決める昇進試験、 …

【質問】イブの夜、突然、綺麗な女性が訪ねてきたら!?本当にあったスベらない話

過去のクリスマスのネタです。 僕は、大学時代、共同生活をしていました。今風でいうとシェアハウスでしょうか。当時は「共同下宿」なんて呼んでました。個室はありますが、お風呂や洗面台、トイレ、台所が共同です …

「我、思う。ゆえに我あり」観念論が嫌いな理由

僕は、観念論が大嫌いです。 哲学者デカルトが唱えた「我、思う。ゆえに我あり」です。 デカルト 在る物とは自分が在ると思うから存在する。自分が思わなければ、たとえ目の前に見えているの物でも存在しているか …

【子育て】コロナはマイナスだけじゃない。僕は娘と向き合えました。

コロナはマイナスだけじゃないです。 早く帰宅できるので、僕は娘とたっぷり時間をとって向かい合えているからです。 多忙な時には考えられないことです。9歳の娘の将来について、勉強について、そんな父親として …

箸の持ち方が悪いとマナー違反なのか?損得勘定が先行すべき理由

先生から「箸の持ち方が悪いと、お嫁に行けないよ」と、小学1年の娘が注意され、母親が怒って、Twitterで発信したところ、拡散されて、賛否評論、話題になってます。 箸の持ち方はマナーの問題なのか? 「 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019