アジア戦略室

海外へ挑戦する方(留学・子育て・駐在・起業)を全力で応援します!!ダイエットなど健康管理も!!

よもやま話

アフリエイト報酬をAmazonポイントにするメリット

投稿日:

このブログでは、Amazonアフリエイトを使ってます。

アフリエイトとは、読者さんが、本ブログのリンクからAmazonの商品を購入いただくと、Amazonから、僕に紹介料が入るのです。

昨日、紹介しました橘玲先生の書籍↓こんな感じです。

これが、ネットで稼ぐ1つの方法です。YouTubeにも貼っており、小銭ですが、ちりも積もればで、バカにできないのです。

 

Amazonポイントを稼ぐ理由

僕は、Amazonから、お金を受け取っていません。
Amazonで使えるポイントで報酬を得ています。ここが重要です。

なぜなら、僕は日本円(法定通貨)を稼いでいるわけでないので、課税されないのですね。これ、実は、小さな「資本主義ハック」です。

広告だらけはNGですよね(気をつけてます)

税金とは、収入(法定通貨)があってはじめて発生しますから、収入を、お金以外で受け取る方法があれば、国は手出しできないのです。

 

トーゴーサンピン(10:5:3:1)

サラリーマンは、源泉徴収という形で、税金をものすごく払ってます。だから、豊かになれないのです。フルに課税されるので、お金が貯まらないのです。

日本の課税制度を皮肉った言葉に、トーゴーサンピンがあります。

所得の大きさが10として、税務署が、その人の所得を把握している割合。低くなるほど、税務署が把握してないので脱税できるってことです。

サラリーマン 10割
自営業者 5割
農業・水産・林業 3割
政治家 1割

逆に、サラリーマンは10割なので、脱税も何も出来ないのです。

僕は、サラリーマンでありながら、いかに税金を抑えるのかを考え続けていますが、給与所得者という身分では、ほぼ打つ手がないのが現状です、、

 

お金サイクル(資本主義)から脱する

話をアフリエイトに戻しますね。

仮に、アフリエイトの紹介料として、Amazonポイントを、月々30万円分受け取ったとします。そのポイントで、Amazonフレッシュで、食料品や生活品を揃えて、日常生活できれば良いんですよね。

お金を稼がず、お金を使わず、生活できてしまうのです。

ブログで書籍紹介する(ネットで働く)

Amazon紹介料としてポイント得る

ポイントを使って生活する

これが、僕の究極の理想です。これだと、税務署は、把握できないはずです。

Amazonポイントでなく、他のアフリエイト案件では、仮想通貨などで収入を得る方法もあります。このような資本主義ハックに、どう課税させるのかが、今後、問題になってくると思われます。

注意:僕がアフリエイトを貼るときは、本当に読者さんに、お勧めしたい商品だけです。

See you tomorrow.

-よもやま話
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

箸の持ち方が悪いとマナー違反なのか?損得勘定が先行すべき理由

先生から「箸の持ち方が悪いと、お嫁に行けないよ」と、小学1年の娘が注意され、母親が怒って、Twitterで発信したところ、拡散されて、賛否評論、話題になってます。 箸の持ち方はマナーの問題なのか? 「 …

年収を上げる意味はあるのか?戦略的低所得化。現代版百姓を目指したい。

一生懸命、働いて、年収を上げるのがバカバカしく感じます。何故なら、日本社会は、低所得者有利に設計されているからです。サラリーマンとして、中途半端に稼ぐのが、一番損するのです。 上場企業の商社マンだと稼 …

88万円PayPay不正利用被害に遭いました【前編】

僕のゆうちょ口座に、身に覚えのない引き落としが「三井住友カード 885,318円」と、ありました。 寝耳に水でした。 調べてみますと、過去に解約したはずのカードが、カード会社の手違いで、使える状況にな …

身の回りのもので人物像が分かる論

今から15年前くらい、僕が大学生だったころ、引っ越しバイトをやってました。 そこで分かったのは「荷物で人物像が分かる」なんです。 お客の新居トイレで初ウンコをして怒られたことも 引っ越しって、搬入と搬 …

おもんない奴が、一気飲みを始めるんです。

会話もせずにただ「飲め飲め」というのは、人への興味というより、女性の容姿にしか興味がないと思うんだよね。 女性にも「人」として興味を持って会話するほうが、酒は楽しいんじゃないか、という気がするね(記事 …

運営者:室長

初めまして。室長と申します。 タイバンコクで働いて7年目になります。 僕は海外に出て、第二の人生が始まりました。 海外で、働きたい・子育てしたい・起業したいなど、これから海外を目指す方を全力で応援したいと思います。 ダイエットや健康管理についても時々語ります。 よろしくお願いいたします。 Twitter → @SHITSUCHO2019